キッチン換気扇、真夏前にスッキリ 油汚れの落とし方

キッチン換気扇の汚れが気になったことはないだろうか。気温が上がってくる時期は厄介な油汚れ落としにもってこい。ただ夏真っ盛りの作業は大変なので、今のうちに取りかかってみよう。

まずはキッチン換気扇の構造を確認しよう。大きく分けて「ファン」と「フード」で構成されている。ファンは回転する本体部分、フードが覆いの部分だ。まとめてレンジフードと呼ぶこともある。

ファンで代表的なのは「プロペラファン」と「シロッコファン」になるだろう。扇風機のような羽根が回るプロペラファンは一戸建てに多く、屋外に直接排気している。シロッコファンは細長い板状の羽根が筒状に取り付けられている。マンションなど集合住宅に多く、ダクトを通じて排気している。

ファンの手前にはホコリや大きな油の粒を受け止める「フィルター」が設置されているケースもあるが、近年ではフィルターのないもの(フィルターレス)、空気の吸い込み口にかぶさるように「整流板」を取り付けるタイプも増えている。整流板は空気の流れを整えて効率よく換気できるようにする働きがある。

調理中に換気扇を動かしていると、それぞれに微細な油やホコリなどが付着する。放置していると換気効率が落ち、室内に熱や蒸気、煙、においが充満してしまう。家の傷みも気になるので、きれいに保つようにしたい。

手をつけやすいのは汚れが目に付きやすいフードの掃除だ。外側を拭くのは市販されている油汚れ用のウエットシートが便利だ。染み込ませている洗剤が油に強い弱アルカリ性、シート部分は破れにくい不織布で、凹凸の付いたエンボス加工の品を選ぶと、汚れを拭き取りやすい。

汚れがひどい部分にはシート自体を湿布のように貼り付けて10分ほど置いておこう。油汚れがゆるみ、それほど力を入れなくても楽に落とせるようになる場合がある。試してみてほしい。

フードの内側、奥にあるフィルターや整流板は普段それほど気にしないかもしれないが、久しぶりに触るとたまった油に驚くだろう。こういった箇所は洗剤を付けて洗い始める前に、まずは油を拭い取るようにしたい。

油汚れ掃除用の使い捨てクロスが市販されているので、準備しておくと心強い。ポリエステルなどの化学繊維を使ったクロスは油を拭き取るのに役立つ。もし汗を吸収しやすい素材のシャツで、着古して捨てる前のものが手元にあれば、拭き掃除に活用してみるのもよい。

次のページ
作業は小分けで ハードル低く