日経プラスワン

プロペラファンや整流板の掃除には住居用のアルカリ洗剤を活用する。汚れている部分に吹きかけ、10~30分ほど置いておく。それから油汚れ掃除用の使い捨てクロスで拭き取るようにする。最後に水洗いすれば、すっきりと汚れが落ちるはずだ。

換気扇の中でも、油やホコリが詰まったフィルターやシロッコファンの掃除は形状の複雑さも相まってとりわけ手間のかかる作業だ。汚れの多寡にもよるが、基本的には取り外してつけ置き洗いをするのがよさそうだ。

まずはフィルターやシロッコファンを丸ごと覆える大きさのゴミ袋を準備する。キッチンの流し台全体をつけ置き洗いの場所にするイメージで使う大型のビニールカバーも販売されている。

40~50度ほどの温度の湯を袋の中、またはカバーで覆った流し台にためる。そこに掃除用に売られている過炭酸ナトリウムの粉末を溶かした液を入れ、フィルターやシロッコファンをつけておく。

30分ほどたつと、汚れが浮いてくる。取り出してからは油汚れ掃除用の使い捨てクロスや使い古した歯ブラシ、フィルターやファンの掃除専用のブラシなどでこすり洗いする。最後にしっかり水ですすいで乾かす。

シロッコファンなどは羽根が鋭利で作業中に手を傷つける恐れがある。アルカリ洗剤を使うこともあり、掃除中はゴム手袋を着けよう。

キッチンの換気扇には油とともに、住まいに飛散する様々な微粒子や繊維がホコリとして付着し、固まっていることが多い。内部は目に付きにくいだけに、掃除も後回しにしがちだ。ただ全部まとめてする必要はない。本格的に暑くなる前の今、目に付いたところから始めてみよう。

◇    ◇    ◇

作業は小分けで ハードル低く

住まいの中でもキッチンの換気扇掃除は大変だと感じる人が多いようだ。だからこそ一度にすべてを済ませようとしない、小分け掃除法がオススメだ。手が空いたのでフードの外側だけやって、内側は別の日にする。フィルターや整流板だけきれいにしてみる。1回に費やす手間や時間が少なくてすみ、心理的にも掃除に感じるハードルが低くなると思われる。

フードの外側など凹凸の少ない部分は比較的作業しやすい。まずこうしたところから始めると、きれいになった実感を得られ、掃除にも弾みが付きそうだ。

(住生活ジャーナリスト 藤原 千秋)

[NIKKEI プラス1 2022年5月7日付]