ゾフの釣り用サングラス フィルター3色、天気で交換

2021/10/15

眼鏡専門店「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティック(東京・港)の釣り専用サングラスの滑り出しが好調だ。1本の眼鏡に3色の偏光フィルターが付いている。8月末の発売から2週間後までの売り上げは目標比4倍となった。日照条件に応じて複数のサングラスを買う必要がなく、費用を抑えられる点が評価されている。

商品名は「Zoff OUTDOOR for FISHING(ゾフ アウトドア フォー フィッシング)」。度付き可能な眼鏡に、水面からの光の反射を抑える着脱可能なフィルターが付属する。グレー、茶色、黄色をそろえ、天気による水面の見え方の違いに対応する。

例えば茶色のフィルターを付けると、水中の魚をはっきり見ることができる。フィルターなしで通常の眼鏡として使用することも可能だ。価格はセットレンズ代込みで1万3300円から。

試着できないなどの理由で敬遠されることもあるオンラインストア限定商品だが、売れ行きは好調だ。20~40代の男性の購入が多い。同社は「1人でできるレジャーとして釣りの人気が高まる中、顧客が注目した」と要因を分析する。

[日経MJ 2020年10月6日付]

「イイネ!」記事一覧


SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram