スパイスで我が家の味アップ 3種で作るチキンカレー 

さまざまなスパイスが並ぶ「大津屋商店」の店頭(東京都台東区)=鈴木健撮影

ステイホームの時間が増え、自宅で本格的なカレー作りに挑戦する人が増えている。初心者向けに、複数のスパイスで作るカレーの作り方や生活にスパイスを取り入れる方法を聞いた。

「スパイスの働きは香り付け、色付け、辛み付けの3つ。その配合で個性が出るのがスパイスカレーの楽しさ」。そう話すのは、エスビー食品のスパイス&ハーブマスターの資格を持つ遠藤由美さんだ。同社は初心者向けサイト「はじめよう!スパイスカレー」で、レシピを公開している。

基本のチキンカレーの作り方を教えてもらった。使うスパイスは3種類だけ。主にクミンとコリアンダーが香り、ターメリックが色付けを担う。「スパイスというと辛いイメージが強いが、辛みはスパイスの働きの一部」と遠藤さん。この3つには辛みがないので、出来上がるカレーは子供でも食べられる。「炒めて煮込むだけなので誰でも簡単に挑戦できる」

実際に自宅で挑戦してみた。工程はいたってシンプル。まずは、鶏もも肉とみじん切りにしたタマネギに、3つのスパイスを同量ずつ、さらにおろしニンニクとショウガも加え、炒める。材料がターメリックの黄色に染まり、スパイスの香りが立つ。「タマネギをしっかり炒めることでうまみが出る」というアドバイスに従い、規定の8分間しっかり炒めた。

次いでトマト缶、水、砂糖、塩などを加え、とろみが出るまで煮込めば完成。材料の準備からここまで30分ほどだ。

味見すると、タマネギとトマトのうまみ、スパイスの爽やかさが組み合わさり、炒めて煮ただけとは思えない仕上がりだ。辛みが欲しければ、チリペッパー(赤唐辛子の粉末)を仕上げに入れるとよい。

100種類ものスパイスがそろう上野・アメ横のスパイス専門店、大津屋商店でも、5種類のスパイスをパックにしたカレーセットを扱う。営業部主任の竹内森英さんは「まず基本のセットで試してから、好みに合わせて必要なものを買い足すと無駄がない」と助言。カレーはインド、パキスタン、バングラデシュなど国によってスパイスの配合が全く違う。「各国の味を再現するのも楽しい」

次のページ
スパイス求め新大久保へ