元気の源は故郷、淡路島の食材 女優・大地真央さん食の履歴書

大地真央 女優=鈴木健撮影

裏表ない清らかな人柄が人を引きつける。舞台というキャンバスで、唯一無二の作品を作り上げる。才能はもちろん、問われるのは役者としての気概だ。大地真央さんを支える「元気」の源は、ふるさと、兵庫県淡路島の食材で培われた。

15歳で故郷、兵庫県淡路島を離れた。当時は明石海峡大橋がなく、連絡船で本土に渡るしかなかった。船が水面(みなも)に残した長く白い引き波が脳裏に残る。「これから大きなことを成しとげるって気持ちが大きかった」

3人姉妹の末っ子で甘ったれ子だったが、「姉の影響もあり少々大人びた少女でもあった」。カラータイツを着こなすなどおしゃまな少女も、放課後は近くの浜辺で海水浴に明け暮れる自然児だった。

焼き物、野菜の煮付け、漬物。タイやタコ、タマネギなど食卓に並ぶのは食材の宝庫ともいわれる淡路島の名産品ばかりだ。畑で取れたダイコンを母親が干す姿を見つめる。「そろそろおいしいお漬物が食べられるな」。子供心にわくわくしていた。母の十八番が地元のちらし寿し「おまぜ」だった。マグロ、エビ、タコ、キュウリ、錦糸卵――。「味はもちろんだけど、ほんとにカラフルだった」

台所に立つ母はいつも楽しそうだった。取れたての魚介や野菜の鮮度はもちろんだが、母の腕前で泥を被っていた野菜や魚が皿という舞台の上でまったく別物に変わるのが魅力的だった。

役者志望ではなく、主演女優の後ろで踊るダンサーになりたかった。スポットライトには興味がなかったが、ひょんな縁で、劇団員だった義兄の上演を手伝う。「照明、舞台設備に驚き、ライトの中央に立ちたい」と強く願う。15歳で宝塚音楽学校に入学する。軍人だった父は最後まで入学に難色を示したが、友人の「寮生活は厳しいよ」というひと言で認めた。

5歳ほど上の同級生に囲まれ、がむしゃらながらも楽しい日々を過ごした。休日、学友たちと繰り出す食事。宝塚周辺は淡路島に比べれば大都会だ。しゃれた洋食、厳(おごそ)かな和食など財布が許される範囲で未知の世界を堪能した。そのとき経験したのが焼き肉。香ばしい香りと、目にしみる煙。「味はもちろん、雰囲気が忘れられません」と当時を振り返る。

固定観念にとらわれず役を追求するのがモットーで、宝塚では“異端”といわれた。毎回、役柄の設定を自分なりにアレンジする。「どの役にもそれぞれ別の人生がある」

その一つが、1990年から20年間演じた「マイ・フェア・レディ」のヒロイン、イライザだ。貧しい花売りの娘が上流階級へ進むシンデレラストーリー。「イライザは身を立てようという思いは人一倍強かったはず」。着古し擦り切れた衣装をまとったが顔を汚すことはなかった。「汚れた顔の花売りから誰が花を買うんですか」

公演では座長役を務めることも多く、メンバーを束ねる上で笑顔に最も気を使う。舞台は体が資本であり、体力が落ちたら笑顔になれない。公演中、メンバーとは食べたいものを食べたいだけ、楽しんで食べる。「そうしないと体が動かないから」。

次のページ
天然フグ 欠かせぬ食材
エンタメ!連載記事一覧