散らかった部屋がいつもスッキリ カギは定位置片付け

使ったものをざっくり収納できるかごを活用して出しっぱなしを防ぐ=丹野 雄二撮影

せっかく部屋を片付けても、数日でまた元通りに――。一度リバウンドを経験すると、片付けへのモチベーションがぐっと下がってしまう。落胆せず、散らかりの原因を見つめなおそう。

「収納が足りないのが原因だから、収納家具を買い足そう!」と思った人は、少し立ち止まって。モノの定位置が定まらぬうちに家具を増やしても、維持の手間が増えるだけで根本解決にはならない。まずはリバウンドしてしまった現状を、写真撮影しよう。散らばって目につくモノは、「使用頻度が高いのに、定位置が不適切なモノ」だ。

使いやすい定位置を決める上で、役に立つのが「引き算」の思考。インテリア雑誌を眺めると、「リラックスできる北欧風の部屋で、友人を招いてパーティーをして、お花と趣味のモノをたくさん飾って……」と理想が膨らみがち。残念ながら、一足飛びに快適空間は作れない。収納に悩みを抱えるうちは、「生活導線をスムーズに通れること」だけに目標を下げるべきだ。

忙しい人であるほど、シンプルを心がけたい。例えば、幼稚園をイメージしてほしい。頻繁に使うモノは取り出しやすいカゴにざっくりと収納し、個々人の荷物は名前ラベルのついたカゴに収納する。ユニバーサルな設計にすれば、仕事や家事に追われる平日も、家族皆が自然と定位置に戻したくなるだろう。

私が片付けに伺ったクライアントは、ほぼ例外なく、大小様々な収納グッズを隠し持っている。本人は「持っていない」と思っていても、押し入れや部屋の隅から、書類ケースやブックシェルフ、カゴなどが相当数出てくるのだ。

収納グッズは一度買うと、なかなか手放しづらい。フェリシモの調査によると、20~50代女性のうち65%が、購入した収納グッズを使いこなせなかった経験があるという。思いつきで買った収納用品は、使いこなせない確率が高く、収納したモノを死蔵品化させるリスクがある。つい出しっぱなしにしてしまう癖がある人は、性格がだらしないのではなく、収納用品が重い・硬い・使いにくいなどの問題を抱えていることが多い。

次のページ
「見せる収納」は上級者向き