50代転職、スキル次第で年収アップ 中小のニーズ高く

新型コロナ感染拡大を防ぐための「まん延防止等重点措置」が終了し、全国的に経済活動が平時に戻りつつあります。一時は停滞していた転職市場も活性化しそうです。最近は50代の転職が増え、気になる「年収」は転職後に増える傾向にあるようです。

転職市場の半分が40歳以上

そもそもですが、50代の年収はどういった状況でしょうか。多くの大企業が役職定年制など一定の年齢で年収が下がる仕組みを導入しています。また、70歳までの雇用機会確保が企業の努力義務となり、定年後の再雇用を設けています。パーソル総合研究所の調査によると再雇用の前後で年収が3割減少しています。50代では年収が下がる要因が多いんですね。

転職市場をみると、2008年のリーマン・ショックの後に大きく減少しました。その後は11年から緩やかに上昇し19年には351万人と過去最多になりましたが、直近では新型コロナの影響もあり減少しています。人材サービス大手のエン・ジャパンが調べた転職決定者全体に占める比率を見ると、18年から21年かけて40代以上の割合がおよそ半分を占めるようになりました。特に50代以上の増加が目立ちます。

50代の転職者を見ると、年収も増加しています。全年代でみると、転職決定時の初年度年収は2021年は540万円でした。20年に比べ5万円(0.9%)の上昇、19年と比べるとほぼ横ばいです。一方で、50代の初年度年収は21年に670万円。20年と比べて30万円(4.6%)上昇しています。

次のページ
「自分の力でサービス伸ばす経験したい」