マンション価格がバブル期超え 高騰はどこまで続く?

東京都内のマンション価格が歴史的な高値圏にあります。不動産経済研究所が発表した首都圏の新築マンションの平均価格は、2021年に前の年比2.9%上昇の6260万円とバブル期を超え過去最高を更新しました。特に東京23区では7.5%上昇の8293万円と、30年ぶりに8000万円を突破しています。都内のマンション高騰の理由を探りました。

低金利と中古市場の活況が追い風

主な理由は2つです。まず「低金利」。住宅ローンの金利は1%を切って、0%に近い金利で出している金融機関もあります。マンションは高い買い物ですから住宅ローンを利用する人が多く、ローン金利が低いと購入したい人が増えるのは当然ですよね。需要が増すことによって、価格が高騰しています。

もう一つは中古市場が活況なことです。不動産調査会社の東京カンテイ(東京・品川)によりますと、都内の中古マンションの平均価格は2021年に5739万円と前年比11%上昇しています。中古マンションの価格が上昇することによって、新築マンションを将来売ることになっても高く売れるわけです。資産価値が目減りすることへの不安を和らげていて、マンション購入の心理的ハードルを下げています。

今回の値段の方程式です。

マンション価格高騰=低金利+活況の中古マンション

さて、どんな人が買っているのでしょうか。

次のページ
キーワードは「パワーカップル」