サツマイモ、人気も値段も上昇中 品種こそ増えたが…

まだまだ肌寒いこの季節。ホカホカの焼き芋がおいしいですよね。サツマイモは最近、安定した人気があり価格は上昇しています。東京都中央卸売市場では平均の卸値がじわじわ上がっており、2021年には1キロ289円と5年前に比べて約3割上昇しています。値上がりの理由を探りました。

専門店が続々オープン

サツマイモ専門店「oimo lab.」(東京都江東区)で取材しました。こちらでは焼き芋やサツマイモのプリンなどを販売しています。おすすめは「プレミアムシルクスイート」。シルクスイートは、10年ほど前から作られているサツマイモの品種です。食べてみると、口に入れた瞬間とろけます。本当になめらかで甘くて、すっと溶けていく感じです。スチームコンベクションオーブンでまんべんなく熱を行き渡らせ、蒸気の力でおいしさを閉じ込めます。価格はMサイズで500円です。

ほかにも、ねっとり系の「ふくむらさき」やホクホク系の「しろほろり」を焼き芋として販売しています。店の担当者は「サツマイモの値段は全体的に総じて上がっており、農家によっては1.5~2倍のところもある」と話します。

このようなサツマイモ専門店を街でよく見かけるようになりました。「焼き芋スイーツ」は若い女性の間で人気です。甘みがあってヘルシーで栄養価も高いので、ダイエットフードとしても注目されています。最近ではかき氷に焼き芋をトッピングする食べ方も広がっています。

海外でも人気に

海外でも人気で東南アジアや北米の評価が高いです。貿易統計によると輸出量は右肩上がりで、中でも香港が半分以上を占めています。香港では小さいサツマイモがおやつの定番で、日本で需要の少ない小ぶりのものを出荷したところ大人気になったそうです。

次のページ
農家の高齢化や病害がネックに