2021/11/22

駄言の実例「お茶くみしてね」

■【「キャリア・仕事能力」に関する駄言~その2~】
書籍『#駄言辞典』にも掲載されている、公募で集まった「駄言」の一部を紹介します。以下、太字部分が駄言です。応募時に寄せられたコメントや投稿先も併せて掲載します。
「あなたはお茶くみしてね。女の子が入れたほうがおいしいから」
同期(男性)と2人で新卒で配属された支店で、女の私だけお茶くみを命じられた。お茶の味に性別なんて関係あるか。(ツイッターより)
「コーヒーも満足に入れられないのかよ」
てめえの飲みもんはてめぇで用意しろや。(ツイッターより)
「えっ、水割り作れないの? 普通さ、女の子は全員作れるでしょ?」
(ツイッターより)
「女の子なんだから(机の上の)ゴミ片付けないと」
(自分のゴミじゃないのに)上司に言われました。確かに私も気が利かなかったけど、ちょっとイラッとしました。普通に「片づけてほしい」と言ってほしかったです。(ツイッターより)
「女の子だから整理整頓、得意でしょ?」
(ツイッターより)
「やっぱり総合職の女子より一般職のほうがいいよな」
男性社員の発言。(ツイッターより)
仕事の案件で忙しくしていても、来客があるとなぜか女性社員にお茶くみの役割が回ってくる――。「コロナ禍でリモートワークになってお茶くみがなくなり、仕事時間が捻出できた」という声も

◇    ◇    ◇

『#駄言辞典』をコミュニケーションのきっかけにして、皆さんの力で古い固定観念に揺さぶりをかけ、ステレオタイプを覆していきましょう。

(構成 小田舞子=日経xwoman)

日経xwoman 2021年6月24日付の掲載記事を基に再構成]

私が描く、選ぶ、動き出す。/世代別&世代をクロスした情報を発信するWebメディア

20~30代向けの「doors」、働くママ・パパ向けの「DUAL」、40~50代向けの「ARIA」で、各ライフステージでのさまざまな働き方や生き方、本音の詰まった共感ストーリーをお届けします。また、健康・美容、マネーの深掘り情報や、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマをタイムリーに発信。動画コンテンツやセミナー・イベントを通して、自分磨きや仕事のノウハウも学べます。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、メルマガをお届け。有料登録の方は、『日経xwoman』の特集や連載をすべてお読みいただけます。