日経プラスワン

次のステップが我が家にどんな家事があり、それぞれ誰が担っているかの確認だ。例えばゴミ出し。玄関にまとめたゴミを運ぶだけではない。各部屋のゴミ箱を確認し、回収して新しいゴミ袋をセットする。分別できているか見直す。ゴミ集積所の掃除当番が回ってくる。全体像が共有できていないと、「私はやった」「できていない」というズレが表面化する。

家事ひとつひとつの全体像を把握したうえで、それぞれの希望や適性など話し合いながら担当を決めよう。ゴミ出しであればここまでは誰、ここからは誰と分けてもよい。家族全員がすべての家事を担当できるようになるのが理想だが、最初は分担から入るのが現実的だろう。

最近は家事シェアを助けるアプリも登場している。インターネット上で公開されている家事の一覧表を活用するのも全体像の共有に役立つ。

ここまで準備が進んでくると、いよいよ実践となる。ただ「決めたのだから、何が何でもその通りにやり遂げよう」と気負いすぎると、長続きしない。同じような毎日を過ごしているつもりでも、状況は刻々と変化する。仕事が忙しくて、予定していた食材の買い出しができない。週末にまとめて洗濯するつもりが、悪天候でできなかった。体調を崩してしまった。常に柔軟な対応が求められる。

家事の全体像を共有するステップがこういうときに生きてくる。誰かが代わりにやるとき、例えばゴミを集積所に持っていくだけではなく、ゴミ袋をセットする作業もあると分かっていれば、見落としが減る。その家事を分割して複数で引き受けるといった対応もしやすいだろう。

家事シェアが軌道に乗ってくると、どこまでの水準を求めるか、完成度のズレが気になってくるかもしれない。しかしそこはぐっと我慢。ある程度のズレは許容しないと、シェアは成り立たない。担当する家事に慣れ、成長する機会も失われる。家事を1人に集中させないなどのメリットと、思うようにいかない不満を比較検討しよう。それでも無理だというときには改めて家族で相談する。

家事シェアは家族がコミュニケーションを深めるきっかけになる。「きれいに片付いた」など成果も目にみえやすい。楽しく暮らすための手段と考えて、挑戦してみよう。

◇    ◇    ◇

「時短家電」の購入も選択肢

家事シェアに取り組むのを機に、時短家電を購入する方法もある。ロボット掃除機や食洗機、自動調理家電、洗剤の自動投入や乾燥の機能が付いた洗濯機など様々な種類がある。該当する家事に必要な時間や手間が省けて、仕事や睡眠などに充てられる。

一方、我が家にとってどれくらい必要か、コストパフォーマンスはどうか、購入する前にしっかり検討・研究しておかないと、宝の持ち腐れになりかねない。どんな家事があり、誰が担当しているか。家事の全体像の共有は購入ミスを減らすのにも役立ちそうだ。

(家事ジャーナリスト 山田 亮)

[NIKKEI プラス1 2022年6月25日付]