仕事も育児も!ワーママは持続可能な「エコキャリ」で

2021/10/4
「エコキャリ」でバランスよく(写真はイメージ=PIXTA)
日経 X woman

今、多様なジャンルで「持続可能」がキーワードになっています。ワーママの働き方でも同様です。コロナ下で在宅勤務が普及し、時短を取らなくてもフルタイムを維持しやすくなったことで、キャリアも育児も両方を追っていきたいと考えている人が増えています。一方で、仕事と家事・育児のメリハリがなくなっていると感じている人もいるでしょう。キャリアダウンはしたくない、仕事のやりがいや成長は諦めない。でも、睡眠時間や子どもとの触れ合いを犠牲にするなど、無理もしたくない……。

仕事を上手にコントロールし、長期的に仕事と育児を持続していく意識はますます必要になっていきます。この、持続可能な「エコドライブなキャリア=エコキャリ」実現のために、これからのワーママが身に付けるべき戦略をお伝えします。

◇    ◇    ◇

リモートワークが進んだことで、育児と仕事の両立面で恩恵を感じている人は多いことでしょう。通勤時間が不要になり、時短勤務にしなくても保育園のお迎えに間に合うなど、フルタイムで働き続けやすくなった、というケースが増えています。しかし、リモートワークは育児と仕事のメリハリがなくなり、シームレスになってしまう、という負の側面もあります。もっと仕事をしたい、成果を出したい、と思うあまりに、無限に仕事をしてしまい、結果として睡眠不足、翌日は家事と育児でヘトヘトに……。読者の中には、そんな悪循環に陥っている人もいるのではないでしょうか。

でも、体にムチを打って無理をするという働き方は、長続きは難しいもの。バリバリ仕事をしたい、という欲をリモート勤務で満たしている人がいる一方で、リモートワークができない職種で、諸事情により時短勤務を続けて育児中心という人もいるでしょう。そんな人も、本音ではもっと活躍したい、やりがいを感じたい、と願っていませんか。

今回、日経xwoman編集部では「無理なく、自分らしく、上司や同僚とのいい関係を維持したまま、上手に仕事をコントロールし、長期的に仕事と育児を持続していく働き方」のことを、「エコドライブな働き方=エコキャリ」と名付けました。

イメージとしては、自分が仕事と育児のバランスをハンドリングする、という働き方です。具体的には、時々仕事で無理することはあっても「ずっとは無理しない」、子どもの就学や受験などで少し仕事を控える時期はあるとしても、「仕事に注力できる時期は全集中する」といった、自分が仕事の主導権を握る状態を指します。

でも、周囲から、わがまままで自分勝手な人、と見られてしまえば、自分に取ってマイナスに。職場で浮いたり、重要な仕事が任されなくなったりして、最終的に退社を余儀なくされてしまうこともあります。周囲からの理解を得ることも大事で、「自分勝手にやりたい仕事だけをマイペースにやるのではなく、部署として大事な仕事も責任を持ってこなし、しっかり成果を出す」ことも必要になるでしょう。

そして、社員それぞれが「持続可能」な働き方ができるということは、会社組織としても「持続可能」につながります。どの業界でも人材不足に悩み、企業の人事部が採用活動に力をいれている状況です。そんな中で、経験値を持つワーママが「もう続けられない」と離職・転職をしてしまうことは企業にとっても死活問題です。つまり、個人が仕事へのやりがいと育児とのバランスを上手に保ち、持続可能な働き方をすることは、会社や社会にとっても有益なのです。

日経xwomanの読者に、アンケートを通じて、こうした「エコキャリ」を体現している人が周りにいるかを聞いてみたところ、半数以上が「周りにいる」と回答しました。(アンケートは2021年8月4日~25日に実施。回答者数は45人)

さらに、こうした「エコキャリ」という働き方をしている人に対し、「割り切りと、優先順位のつけかたが秀逸」といった具合に、好意的な意見や憧れの声が多数寄せられました。

実際に「エコキャリ」を進められている人は、周囲から見るとどんな強みや特性を持ち、何が優れているのでしょうか。声を集めました。

自分にとって優先すべきことを、年収などの損得ではなく、幸せベースで捉えており、さらに、それによるデメリットを悲観せず、メリットに目を向けられている。
(41歳/放送・広告・出版・マスコミ/年中、小3のママ)
自然体、無理をしていない。
(45歳/卸売・小売業・商業/小6、中学生以上のママ)
ゴーイングマイウェイ。他人に何か言われても気にしない「鈍感力」がある。
(40歳/食品・医薬・化粧品/2歳、小1のママ)
自分が大変なときに周りのサポートを受けられる環境をつくっている。
(47歳/建設/小6のママ)
人の評価を必要以上に気にしない。
(51歳/卸売・小売業・商業/小4のママ)
あまり自分と他人を比較しない。 他人に干渉しない。
(53歳/その他製造/小4、中学生以上のママ)

まさに自分こそ「エコキャリ」をしている、という人もいました。

私自身、自分が目指す育児と仕事のバランスで仕事ができていると思っています。自分の最も大事にしたいことを明確にするのがポイントです。仕事はスピード重視。子どもの発熱などでいつ休むかわからないため、業務を抱えこまず、少し先までのスケジュールを立てています。自分がロールモデルになれるよう頑張っています。家族や、職場の上司やチームメートに恵まれているおかげもあるので、周りの人に感謝しています。 (39歳/コンサルティング/2歳、年中、小3のママ)

では、読者の皆さんは今どのような働き方をし、どんな働き方を理想としているのでしょうか。

次のページ
今、どんな働き方をしている人が多い?