日経POSセレクションは、スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアのPOSデータを集計した「日経POS情報」を使い、2020年4月から21年3月までにスーパーで販売された加工食品・飲料・酒類、家庭用品など約308万点を選考の対象とした。来店客千人当たり販売金額の前年度比伸び率と店舗カバー率、日経商品分類の小分類(2000分類)内順位、メーカー別シェア伸び率をもとに選出した。売り上げ伸び率が特に高かった10商品を「プレミアム賞」、50商品を「ゴールド賞」として選んだほか、「セレクション賞」(360商品)も選出した。

コロナ下の巣ごもり需要を受け、日本チェーンストア協会によると全国スーパーの20年度の食料品販売金額は19年度比4%増えた。日経POSデータでも加工食品などの売り上げが伸びた結果、21年の日経POSセレクションで選出された商品は420商品と、20年(282商品)と比べて大幅に増加した。

自宅でお酒を楽しむ「家飲み」需要も増した。最近はレモンサワーの人気も高まり、プレミアム賞に選出した日本コカ・コーラの「檸檬堂 定番レモン」の売り上げは、前年度比で約2.5倍に増えた。

家庭用品では、コロナ下で外出する機会が減った人も少なくなく、「女性用メーキャップ化粧品」や「女性用基礎化粧品」など化粧品関連が売り上げを落とした。一方で感染予防関連のマスクなど「家庭医療用品」や、消毒液といった「介護・衛生用品」は売り上げを伸ばした。