生理用品「白色」以外はNG?フェムテック市場に法の壁

海外では用途に沿った多様なフェムテック商品が流通する(宮路拓馬事務所提供)

女性のカラダなどの悩みをテクノロジーで解決する「フェムテック」が注目されている。一方で普及には規制の壁も立ちはだかる。「吸水ショーツ」など生理中に使える製品が登場するものの、従来の生理用ナプキンとは別物で広告に規制がかかり、認知度が上がらない。流通する際の法律の整備など課題を政治主導で解決する取り組みも始まった。

量販店などの店頭にカラフルな吸水ショーツが並ぶ。吸水ショーツは吸水性、防水性のある布を何層も重ね、1枚の下着に仕立てたものだ。生理用ナプキンをつけずに使用可能で、装着や交換に伴う負担を軽減できる。繰り返し洗って使えるため、ごみを減らし、持ち歩く荷物を少なくできる点でも注目されている。

吸水ショーツ、「生理」「経血」の説明なし

これまでスタートアップ企業が中心となって市場を育ててきたが、大手も参入し始めた。ファーストリテイリングは9月、「エアリズムキュウスイサニタリーショーツ」を発売した。薄紫や茶など色も様々で、おしゃれな印象だ。

ところが商品の説明文をみると「30~40ミリリットルの水分を吸収」などとあるだけで、「経血を吸収」といった説明はない。生理という言葉もない。販売サイトのコメント欄には「どのように使えばいいのか? 詳細を記載してほしい」ととまどう声も寄せられる。

一般社団法人メディカル・フェムテック・コンソーシアム(MFC)によると、国内のフェムテック商品・サービスの数は2020年に97と、前年(51)からほぼ倍増した。経済産業省の調査では商品・サービスの普及で25年には2兆円の経済効果を見込む。

中でも吸水ショーツは代表的な商品だ。だが冒頭の例にもあるように、普及には課題が見えてきた。規制の壁だ。

日本では生理用品を製造販売する事業者は、改正医薬品医療機器法(薬機法)や厚生労働省が定める「生理処理用品製造販売承認基準」に基づき、都道府県か厚労省から承認を得る必要がある。ところが基準をみると、生理用品は「白色」「においがほとんどなく、異物を含まない」との記載がある。吸水ショーツには当てはまらない。

次のページ
直接的な広告表現できず