メタリックアイテムをスパイスに

異素材コーデはカラートーンを共通させるのがうまくまとめるコツ

装いをシャープに見せる素材のうち、最もダイナミックな効果を期待できるのは、まばゆいメタリック系です。光を反射する質感は、反射しない布地とのコンビネーションによって、キリッとした印象が一段と強まります。

ツイード生地のジャケットにチェック柄のワイドパンツで合わせた、マニッシュなたたずまいの装い。スタイリッシュな表情を添えているのは、いぶし銀メタリックのハイネック・トップスです。手仕事感の漂うジャケットとの表情の違いが際立って、コーディネートに深みが加わりました。ツイード素材とメタリック仕上げのコンビネーションがクラシック感と未来的ムードを交じり合わせるという、トレンドの「レトロフューチャー」ルックに導いています。

脇役的なレギンスもメタリック系なら主役級の存在感を発揮

輝きを帯びたシャイニー素材をパンツやレッグウエアで取り入れると、スレンダーな脚線を目に飛び込ませる効果を引き出せます。ニット系の光らない素材で仕立てた羽織物と組み合わせるのは、キラピカ感が強く出すぎないので、大人の着こなしになじむマッチングです。

膝まで届く別生地とドッキングしたコートが縦落ち感を印象づけました。シャツとハイネックを重ねて首回りを盛り、立体的に演出するのも今季のトレンドです。メタリックシルバーのレギンスで異素材ミックス感を投入。癒やし系コートとのコンビで「ウォーム×クール」のムードをまとわせました。

次のページ
存在感強めるレザー、立体感もアップ