整理収納が苦手な人ほど使ってほしい「WORKERS`BOX」

ハイモジモジ(東京都三鷹市)の「WORKERS`BOX」は、整理整頓が苦手な人のために生まれたファイルボックスです。ハイモジモジ所属のグラフィックデザイナー、松田綾子さんご自身がモノを片づけるのが苦手という悩みを抱えていて、どうやったらモノが片付くかと悩んだ末、WORKERS`BOXが誕生。シリーズ累計11万冊突破した大ヒット商品です。

書類を収納するタイプは「A4」と「WIDE」の2種類

WORKERS`BOXは、プロジェクトごとに書類をボックスに投げ込むだけで片づけることができる紙製のファイルボックスです。デザインも洗練されているのでオシャレなインテリアとしても活躍してくれます。書類を収納するタイプはA4とWIDEの2種類で(このほか名刺などを入れるMINIもある)、価格はA4が5冊+STAND付きで3300円(税込み)、WIDE が4冊 + STAND 2個付きで3999円(税込み)となっています。こちらは組み立て品の価格で、組み立て品と自分で組み立てるタイプの2種類あり、それぞれ価格が異なります。

ノートや書類を収納できる「A4」

WORKERS`BOXは、サイズが異なる書類や名刺、スケジュールなどを1つにまとめて管理することができます。ボックスを開けると、左側にはA4サイズのクリアファイルやノートといった文具をしっかり収納できます。A4用紙は最大180枚ほど収納できるのがポイントです。右側は簡易バインダーになっていて、プロジェクトのスケジュールや名刺など大きさの違う紙を挟むことがきます。

クリアファイル約150枚を入れた状態「WIDE」

A4サイズだけでは収納できない大きなモノを入れたいというニーズに応えて新しく登場したのが「WIDE」です。A4サイズに比べ本体の厚みが3倍近くあり、内寸では深さが約5.6センチになっています。コピー用紙が500枚以上入ります。紙だけでなく色見本や、試作品といった立体物も入るので雑貨や小物をまとめるのにもおすすめです。

プロジェクトごとに書類や小物を管理

背表紙がインデックスになっているので、何を収納したか背表紙に書き込むことができます。インデックス欄が背表紙と底の2カ所あり、棚の高さに合わせて縦置きと横置きに対応しています。ひとつのグループとして管理できる専用スタンドもあり、A4サイズだと5冊、WIDEサイズだと2冊まとめて入れることができます。

次のページ
紙モノをアルバム感覚で収納できる「ポケットジャーナ