お仕事ルックにも生かせる新感覚のニットセットアップ

ロングカーデが自然な落ち感を寄り添わせました

ニットの出番が広がってきました。これまではカジュアル使いのイメージが強かったのですが、近ごろは「ほぼスーツ」のような上下セットアップが登場。いわゆる「ニットアップ」です。全体の統一感があり、お仕事ルックにも重宝します。

ボーダー柄のような編み地模様が印象的なニットのワンピースに、ロングカーディガンを重ねました。スーツの場合はジャケットとボトムスという決まり事がありますが、ニットアップは組み合わせの幅が広いのも魅力になっています。太めのベルトでウエストマークして、めりはりをプラス。さらに、足元はロングブーツで引き締めています。

オフタートルは暖かさに加え、小顔に見せるダブル効果も

冬本番のキーアイテムになるコートも、ニットで仕立てるようになってきました。軽くてソフトな着心地がニットコートのよさ。セーターやワンピースなどのニットウエアと組み合わせた「ニットonニット」も組み立てやすくなっています。

穏やかな雰囲気の柄が編み込まれたニットコートは、見慣れた無地のコートよりもおしゃれ心を表現できるアウターです。同じ編み地のワンピースにロングコートを重ねて、ニットアップならではの「きちんと感」を高めました。ハイネックの大襟が立体感を印象づけて縦長効果まで発揮。カッチリしたロングコートに比べ、優しげなキャラクターを演出しやすいのもニットを取り入れたくなる理由です。

次のページ
パンツルックを引き立てる、ニットの重ね着使い