蚊・ブユ・ハチ・ドクガ 虫刺されのタイプ別対策

日経プラスワン

海や山への行楽シーズンが真っ盛り。一方で人を刺す虫(節足動物)がたくさん出現する時期でもある。せっかくの楽しい時間を台無しにしないためにも、虫刺されの症状と虫の習性を詳しく知ろう。

虫刺されには大きく3タイプがある。まずは蚊やブユのような「血を吸う」タイプ。次にハチやムカデのような「毒液注入」タイプ。そして毛虫の有毒毛や体液などが「接触」することで肌に炎症を起こすタイプだ。

蚊やブユは血を吸う際に血液を凝固させない唾液成分を注入する。「唾液成分に刺激性はないので刺されたことに気付きにくい。注入後に体内で起きるアレルギー反応で腫れやかゆみが生じる」と解説するのは、アリオ北砂皮フ科・アレルギー科の八十島緑院長。

アレルギー反応なので体質や年齢によってすぐに症状(腫れ、かゆみ)が現れることがある一方、数時間~数日経過してから症状が出る遅延性の反応を示すことも珍しくない。「やってはいけないのは患部を強く掻くこと。その部位に細菌が感染して二次的な症状につながる」(八十島院長)

軽い症状なら市販の虫刺され薬を塗れば治る。しかし、症状が長引く場合は、跡を残さないためにも早めに病院へ。特に夏のレジャーで出かける高原や渓流などに多いブユの場合、蚊よりも激しい腫れとかゆみを引き起こし、市販薬では効かない場合が多い。皮フ科などでステロイド系軟こうを処方してもらうのが得策だ。八十島院長によると「軟膏は擦り込んだり、塗り広げるのではなく、患部に薬剤を置くようなイメージで肌への刺激を最小限に優しく塗る」のが効果的。