転職に失敗したくない 悩む女性にキャリアコーチ回答

日経xwoman

日経 X woman

人の数だけ悩みもある。どんなに年を重ねても、悩みの種は尽きません。あなたの悩みに寄り添う連載、今回は20代女性の「このままこの会社にとどまっていいいのか」というお悩みです。キャリアコーチのずんずんさんに回答していただきました。

惰性で出席していた週4の会社飲み会

ひかりさん(仮名)は、27歳。新卒で通信系の企業に入社、今年で5年目になる。入社して3年目のとき、一度だけ転職活動をしたというひかりさん。働いてみたい業界や職種があっての転職ではなく、「この環境から抜け出たい」「今の会社にこのままい続けるのは嫌だ」という、どちらかというとマイナスな動機だった。

ひかりさんは転職活動時、ある企業の面接官から言われ、ハッとした言葉がある。「自分がやりたいことや好きなことを明確にしてから、転職活動をしたほうがいいと思いますよ」。確かに、なかったのだ。

転職活動時、面接官からの言葉にハッとした(写真はイメージ=PIXTA)

その後、業務が忙しくなったこともあり、転職活動は一旦保留。「本当に転職したいのか、もう一度考えよう」「今の会社でも、挑戦してみたいことを探してみよう」と思うように。そうしているうちにコロナ禍に突入、会社は一時的にリモートワークになり、人との交流も減った。

何より一番減ったのは、「会社の飲み会」だ。それまで多いときは1週間に4回ほど、少なくても週に2回は行われていた。先輩や同期も参加しており、断りづらさもあってひかりさんもほとんど参加したという。確かに、飲み会に参加すると、部署の人たちとの親睦は深まる。仕事が進めやすくなったのも事実だ。しかし、飲み会代は自腹。上司や先輩は多めに出してくれるけれど、それでも週2の出費は痛かった。

けれど、緊急事態宣言が発令され、解除後も飲食店で酒類の提供に制限が出ると、いや応なしに飲み会は消滅。それまで飲み会に充てていた終業後の時間が、突然ポッカリと空いたのだった。

そこでひかりさんは、その時間を利用してキャリアスクールに通うことに。「やりたいことや、自分の強みが見つけられたらいいなと思って。この先、もしも転職したくなったとき、武器となるスキルを身に付けておきたいんです。会社以外のコミュニティに所属したいと思ったのも、きっかけの一つですね」

キャリアスクールに通い始めてから、転職や副業の経験がある人たちとの交流がグッと増えた。自分にはまだまだ知らない世界がたくさんあって、もっと知りたいとワクワクした。どの学びも本当に勉強になるし、何より楽しい。すると、ひかりさんの心の中で、だんだんとある変化が起き始める。

コロナ禍で有意義な時間の使い方を見つけた

飲食店で酒類提供の制限が解除されると、会社の上司や先輩たちはコロナ禍前のように「飲み会をしよう」と誘ってくるようになった。しかし、ひかりさんは正直あまり行きたくない。

「これまで、他にすることも特にないし……、と惰性で参加することもありましたが、今は『時間を有意義に使いたい』と思うように。週に2回は多すぎるから、3回に1回は断るようにしています。本音では、月に1回で十分なくらい(笑)」

会社の飲み会に参加するよりも、今は時間を有意義に使いたい

その飲み会で、ひかりさんは部署内の40代前半の男性に転職の相談をしたことがある。そのとき、「何か良いアドバイスがもらえれば」とひそかに期待したのだが、彼は「なぜ転職しようと思うの? うちの会社は、福利厚生もしっかりしているし良い会社じゃないか」と、転職を思いとどまるように言ったのだった。

確かに、このコロナ禍でも会社の業績は落ち込んでおらず、今ここで転職すると「安定を失う」かもしれない。「それを考えると、このまま慣れたところで働くのもいいのかな、とつい流されそうになるんです。

でも……、私の目には、彼らは『生活のため』『仕事終わりの飲み会のため』だけに働いているように映るんです。その姿勢は好きじゃないなと思って。だから私は、『この仕事だからやりたい!』と思えるものを、見つけたいんですよね。

目下の悩みは、飲み会をうまく断るにはどうしたらいいか。転職したいと相談したのに『しないほうがいいよ』と止める心理も知りたいです。私は転職すべきなのでしょうか。

これからの悩みとしては、初めての転職で失敗しないためにできること。何か秘訣はあるのでしょうか」

次のページ
ずんずんさんが回答 会社以外にも生きていく道を見つ