日経xwoman

(2)「お金」を過大評価しない

脱成長というと、収入が下がり、収入面での不安を想起する人がいるかもしれません。言うまでもなく、お金は大切です。ただ、必要以上にお金を過大評価してはいないでしょうか。

そんなときは、少し冷静になってお金よりも大切なものを書き出し、価値の配分が何パーセントになるか考えてみてください。アセット・アロケーション(資産配分)のように円グラフにして「見える化」してみると、自分にとってのお金の価値を認識しやすくなります。家族や健康など、当たり前にあることに改めて感謝できたり、大切にしようと思えたりします。

永崎さんの「価値観の配分」。「家族」「身体的健康」「精神的健康」が大きな割合を占める

(3)居住地を変えてみる

新型コロナウイルスの感染拡大によるリモートワークの普及とともに、「地方移住」や「2拠点生活(デュアルライフ)」「多拠点生活」など、「どこに住むか」が自由化されてきています。

僕自身はフィジーに移住し、のんびりしたフィジー人たちと寝食を共にすることで、大阪でサラリーマンをしていたときの時間に追われる感覚や、成長圧力というストレスから解き放たれました。ただ、ずっとフィジーにいると、のんびりした時間の流れから次の行動を起こすことが難しく、それはそれで「このままでいいのだろうか」という不安にも襲われるようになりました。

そこでフィジーと日本を行き来するデュアルライフを開始し、緩急のバランスを取るようになりました。新型コロナウイルスの流行がなければ、デンマークでも暮らし、さらなる価値観の変化を感じていたでしょう。日本人はせっかち、フィジー人はのんびり、デンマーク人はその中間くらいという生活スピードです。その違いを味わうのも楽しいものです。

日本では特に都市圏で仕事に励んでいると、知らず知らずのうちに「成長必須モード」になり、時間に追われる生活が当たり前になりがちです。住む場所を変えると、その土地で出会う人も必然的に変わり、価値観のマンネリ化を脱する機会に恵まれます。

「脱成長」の秘訣は「緩急」にあり

別に成長しなくてもいい。

そう考えると、心や時間にゆとりが生まれてきます。その心の余裕を原資に新しいチャレンジをしていけば、結果として飛躍的に成長できることもあるでしょう。

ただ、そうはいっても「成長しないことが怖い」という人が、脱成長にかじを切るためのキーワードは、先ほども例に挙げた「緩急」だと思います。

緩急といった「変化」をつくるためには、いったん、立ち止まってみること(ブレーク)が有効です。逆に、ブレーク(休止)すれば変化できるともいえます。

言葉遊びのようですが、「一」度「止」まると書いて「正」しいと読みます。自分にとっての「正」解に近づくためには「止」まることが妙手です。まさに急がば回れ、です。

先行き不透明で見通しが立てにくいVUCA(ブーカ=変動性・不確実性・複雑性・曖昧性)時代、日々、世界の変化は加速していきます。

そんな世界を生き抜くには、自らも新しく生まれ変わり変化すること、そして変化を起こしてくれるブレーク(休止)が鍵を握ります。

今、日本人には立ち止まる勇気が必要なのではないでしょうか。

永崎裕麻
1977年、大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒。二児の父。2年2カ月間にわたる世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2014年・16年・17年)のフィジー共和国へ07年に移住する。在フィジー語学学校COLORS(カラーズ)校長。100カ国を旅した経験を生かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー/教育ファシリテーターとして参画。日本の教育機関でゲスト講師として講演するほか、教育企画の立案や旅ライターとしても活動。20年からフィジーと日本とデンマークの3拠点生活を計画していたが、コロナ下で現在はフィジーに滞在中。著書に『世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論』(いろは出版)、『まんが南の島フィジーの脱力幸福論』(いろは出版)がある。

(文 永崎裕麻)

[日経xwoman 2021年9月1日付の掲載記事を基に再構成]

私が描く、選ぶ、動き出す。/世代別&世代をクロスした情報を発信するWebメディア

20~30代向けの「doors」、働くママ・パパ向けの「DUAL」、40~50代向けの「ARIA」で、各ライフステージでのさまざまな働き方や生き方、本音の詰まった共感ストーリーをお届けします。また、健康・美容、マネーの深掘り情報や、変化の速い時代に知っておきたい時事テーマをタイムリーに発信。動画コンテンツやセミナー・イベントを通して、自分磨きや仕事のノウハウも学べます。無料登録で会員限定記事をお読みいただけるほか、メルマガをお届け。有料登録の方は、『日経xwoman』の特集や連載をすべてお読みいただけます。