海藻でCO2減らすブルーカーボン、22年度は認証5倍全国で21プロジェクト 企業の参入相次ぐ

日経BizGate

2022年度は21プロジェクトが「Jブルークレジット」の認証を取得した(笹川平和財団提供)
2022年度は21プロジェクトが「Jブルークレジット」の認証を取得した(笹川平和財団提供)
海藻などに二酸化炭素(CO2)を吸収させる「ブルーカーボン」のクレジット(排出枠)を創出する動きが国内で広がっています。ジャパンブルーエコノミー技術研究組合が発表した2022年度の認証プロジェクトは21件と21年度の約5倍に増えました。世界的にも海藻を活用したブルーカーボンは珍しく、海に囲まれた日本ならではの脱炭素化と海洋保全に同時に貢献できる取り組みとして一段と注目を集めそうです。