日本の近現代史に足跡 「鉄道は国家なり」支えた人々

日経BizGate

日本の近現代史とともにあった鉄道(東京駅)
日本の近現代史とともにあった鉄道(東京駅)
1872年10月14日に国内で鉄道が開通(新橋~横浜間)してから150年。経済発展、技術開発、政党政治、労働問題から社会・文化まで、日本近現代の歩みは鉄道と共にありました。150年の歴史を「鉄道は国家なり」を支えた人々のエピソードを通して振り返ってみました。