規範なき時代の悲劇 ズビャギンツェフ「リバイアサン」カンヌ映画祭リポート2014(11)

会期も押し詰まった23日、コンペ部門に強力な作品が現れた。2003年に「父、帰る」でベネチア映画祭金獅子賞を獲得したロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督の新作「リバイアサン」である。

美しい海辺の町で起こる権力抗争と小さな家庭の崩壊

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督「リバイアサン」

舞台はロシア北部のバレンツ海に面した小さな町。クジラもやってくる入り江を望む家に住むコリアが主人公。若く美しい妻リリア、前妻との間にできた息子ロマと暮らしながら、自宅の隣で自動車修理店を営んでいる。

悪徳町長はコリアの商売と土地を狙っていて、買収をもちかける。生まれた時からこの美しい入り江に住むコリアは同意しない。コリアは強欲な町長の策略に対抗するために、その弱みをつかもうと考え、モスクワの弁護士を雇うが……。

何より海辺の光景に圧倒される。薄暗い海面がざわざわと波立ち、どんよりした雲が低く垂れこめる。潮が引いたあとには廃船が横たわり、岸に打ち上げられた巨大なクジラが白骨化している。単に美しいのでなく、荘厳ささえ感じさせる。

そんな自然を前にして、人間たちの心には欲望が渦巻いている。土ぼこりのたつ道路はトラックが往来し、この地に開発の手が伸びていることを物語る。町長は町の名士たちを巻き込み、貪欲に利権を確保しようとする。そして弁護士にも別の小さな欲望が目覚める。

政治の腐敗もひどいが、平穏に見える庶民の家庭も簡単に壊れていく。社会のモラルそのものが崩壊に向かっているのだ。そこに急速な経済発展を遂げるロシアのゆがみが反映しているが、日本も含め世界中どこも同じようなものだろう。

規範なき時代の悲劇を、田舎町の権力抗争と小さな家庭の崩壊を通して描き出すズビャギンツェフの力業は相当なものだ。昨年のカンヌで見たジャ・ジャンクー監督「罪の手ざわり」に通じる映画作家の志の高さを感じた。パルムドール争いに割り込むに違いない。

「マミー」 はじけた人物たちの、はじけたドラマ

グザヴィエ・ドラン監督「マミー」

「わたしはロランス」で鮮烈な映像美を見せつけたカナダの25歳の新鋭グザヴィエ・ドランも初めてコンぺに登場した。22日に公式上映された「マミー」である。

冒頭から、はじけた人物たちの、はじけたドラマが展開する。自動車が衝突し、頭から血を流しながら現れるママ。このダイアンという女、タフで、口が悪く、粗暴だ。暴れん坊の息子スティーブと言い争っても、取っ組み合っても負けない。

そんな2人が争っているとき、向かいに住む主婦カイラが現れる。カイラは2人とは対照的にもの静かで優しい。ただ何かのせいで言葉がうまく出てこない。注意欠陥・多動性障害(ADHD)のスティーブはやはり心に欠落感を抱えたカイラにひかれる。魂が救われ、明るさを取り戻す。

エンタメ!連載記事一覧