女子高生「回転ずしなう」 カフェ感覚でわいわい

回転ずしで友達とおしゃべりを楽しむ女子高生が増えている。ファストフード店やファミリーレストランが定番だったが、最近はカフェ感覚で利用できる回転ずしチェーンが増え、ガールズトークの受け皿になっている。SNS(交流サイト)で「つながる」世代の女子高生にとって、友達と過ごす時間がより重要になっているという背景もあるようだ。

マック、サイゼリヤと「黄金ローテ」

放課後、友達同士で回転すし店を利用する女子高生たち(東京都足立区のくら寿司足立江北店)

「第二ボタンもらっちゃった!」。3月下旬の昼すぎ、くら寿司足立江北店(東京・足立)に訪れた山崎馨さん(17)は同級生2人と恋愛話で盛り上がっていた。「話題がなくなってもツイッターとかをいじってだらだらおしゃべりする」。デザートなども食べ、会計は一人1000円前後になる。

マクドナルドやサイゼリヤも彼女たちやクラスメートの常連の店だ。山崎さんの同級生はマクドナルドではデザートやポテトを注文(平均約500円)し、「テスト勉強しながら食べることが多い」という。サイゼリヤでもデザートやドリンクバーを注文(同)する。

こうした“黄金ローテーション”はたまたま近隣に店が並ぶこの地区だけではない。東京都江東区在住の中森梓さん(17)は「友達と行くならマックとサイゼ、スシローの3択。最近、急に同級生の間で回転ずしに行く人が増えた」と話す。

放課後、回転ずし店を利用する女子高生。ケーキなども充実し長居できる(東京都港区のくら寿司品川駅前店)

この3択に共通するのは安さだが、回転ずしは「ついつい流れている皿をとって、結果的に1500円ぐらいになることも」(都内在住の女子高生)。高校生にとって決して安くない金額だ。

それでもコストパフォーマンスが良いイメージがあるのは「たばこを吸う人がおらず、落ち着いて話せる」(本間優子さん、17歳)といった居心地の良さがあるため。「ファストフードとファミレスだけだと栄養が偏る気がする」(鈴木祐美香さん、17歳)という声もある。

デザート充実、居心地良く

デザートなど、すし以外のメニューを充実させている回転ずしチェーン側の施策も奏功。昨年12月にコーヒーを導入したくら寿司はデザートを増やした。昨年末に「スイーツだけでも、スシローへ。」と広告を打ったあきんどスシローも4月から「苺ミルフィーユパフェ」や「スシローのラーメン 出汁入り鶏がら醤油味」の販売を始めた。

スシロー江坂店(大阪府吹田市)では「最近、昼食と夕食の間のアイドルタイムに学生が増えた」という。回転ずしは家族客の食事というイメージが強いが、女子高生にとっては「つまみ食い」の感覚に近い。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
SNS世代、大事な「リアル」の場
MONO TRENDY連載記事一覧