それフォント? デジタル世代、自作文字に関心

パソコンに搭載されているのとは違う、個性ある文字フォントへの注目が高まっている。インターネットで探した好みのフォントをダウンロードして使うだけでなく、趣味でフォントを自作する人も。デジタル社会で個性を表現する手段の1つとして、様々な動きが出始めている。
刃物店「いがらし」の看板の字体を参考にTシャツを商品化した西村斉輝さん(右)と下浜りんたろうさん=東京都荒川区
刃物店「いがらし」の看板文字はひらがなフォントとしてダウンロードして使える

手書き看板の文字 街歩き「採集」

「お、あったあった」「このアンバランス感、さすが!」。歴史あるたたずまいの商店が並ぶ東京の下町、日暮里。店々の看板に見入るのは、下浜りんたろうさん(30)と西村斉輝さん(29)。街の看板から個性的な書体の文字を探す「のらもじ発見プロジェクト」のメンバーだ。

ゴシック体や明朝体。パソコンでフォントを選んだ経験は誰にでもあるはずだが、既存のものに飽きたらず、自分ならではのフォントを求める動きが広がっている。

古い商店の看板は、多くが味のある手書き文字。プロジェクトは街で探したこうした文字をツイッターで紹介し、デザインの規則性を探して他のひらがなやカタカナのフォントも作成。作成したフォントはホームページからダウンロードして使えるほか、ロゴの字体に使ったTシャツも販売する。収益の一部は看板の持ち主である店に還元する。

デザイン関係の仕事をする下浜さんらはもともとフォントとの付き合いは深いが「書き手の存在感があって、デジタルフォントに慣れた世代には新鮮」(西村さん)な看板文字に魅せられた。

一方で活動はデザイン関係者にとどまらず、ネット上で広く拡散する。

昨年3月のホームページ立ち上げ以降、フェイスブックのいいね!は1万5千を超えた。「ネットの普及で一般個人の発信が増え、どういうフォントを使うかはデザイン関係者だけの問題ではなくなっている」と下浜さんは痛感している。

「ブログの題字のフォントがどうもしっくり来なくて。試しにネットで検索したら、無料フォントがたくさん出てきてびっくりした」と都内の主婦(31)。クラシックな文字から女性の手書き文字、人気アニメの題字風まで。フリーフォントと呼ばれるこれらは、素人が自作していることも多い。

MONO TRENDY連載記事一覧
次のページ
飼い猫写真でA~Z
MONO TRENDY連載記事一覧