MONO TRENDY

ブームの予感(日経MJ)

部屋の生活、24時間生放送するだけで月収11万円 「ニコニコ」 投稿動画に課金

2014/2/23

 ウェブカメラやスマートフォンを使い、一般の人々が気軽にインターネットで「生放送」できるようになった。動画サイト「niconico(ニコニコ)」は、発信者がファンから直接「視聴料」を受け取れる仕組みを開始。第1陣の17組は、万人単位のファンを抱えるタレントがそろった。

■17組が開始、ゲームを実況するグループも

ゲームに興じる様子を実況する「MSSP」のメンバー(東京都中央区)

 長髪、サングラス、般若の面、フードをかぶった覆面姿。異様な4人組「M・S・S Project(MSSP)」がモニターに向かい、戦車で戦うオンラインゲームに興じる。「いま弾丸シャワー浴びてたぞ」。「いい湯だったぜ」。絶妙な掛け合いに、視聴者から画面を埋め尽くすほどの応援コメントが届く。

 「プレーは下手。基本は自己満足です」(メンバーのFB777さん、29)。だが、そのはしゃぎぶりは誰かの家に集まった中学生時代の楽しさを思い出す。MSSPは「ゲーム実況」といわれる分野でトップ級の人気で、投稿動画の再生回数は累計1億回を超える。

 MSSPは、ニコニコが導入した「ユーザーチャンネル」で、4万3000件もの応募の中から選ばれた。生放送や動画に月額525円といった課金設定ができる。ニコニコからCDデビューした作曲家は多いが、今回は放送そのもので「プロ」になれる道を開いた。MSSPの有料会員数は非公開だが、会員専用の生放送には延べ1万人が視聴したものもある。

 ▼ユーザーチャンネル ニコニコが2013年12月に始めた。個人が「チャンネル」と呼ぶサイトを設け、生放送のほか、動画やブログなどを投稿。視聴者に月額525円といった課金ができる。24時間の連続生放送が可能など機能面の優遇もある。第1陣は1万人以上のファンがいることを原則に、4万3000人の応募者から17組が選ばれた。運営会社のドワンゴは、14年中に100組まで増やす方針。

MONO TRENDY新着記事

ALL CHANNEL