作家性光る「ペコロス」と「かぐや姫」 映画回顧2013進む大予算作品とインディーズの二極化

圧倒的な作家性が脈打つ映画が2本あった。森崎東監督「ペコロスの母に会いに行く」と高畑勲監督「かぐや姫の物語」。森崎は86歳、高畑は78歳である。

「ペコロスの母に会いに行く」 強い愛と深い悲しみ

森崎東監督「ペコロスの母に会いに行く」 (C)2013『ペコロスの母に会いに行く』製作委員会

森崎の9年ぶりの新作は、認知症になった老母と、彼女を介護する団塊世代の息子の物語。母はついさっきしたことを忘れるのに、遠い昔の記憶はよみがえる。それは故郷の記憶であり、戦争の記憶であり、亡き夫の記憶だ。強い愛と深い悲しみが忘れていたことを呼び起こす。

森崎の作家性は、自身も高齢であることや故郷の長崎が舞台であることからくるのではないし、喜劇映画作家としての職人技でもない。今日の現実と過去の記憶の淡いつながりが、まさに人間の情愛だけでできているという点が森崎的なのだ。

親子であれ、夫婦であれ、仲間であれ、人と人とを結びつける情愛。家庭も地域社会も壊れていくなかで、それでも人と人との間に通いあう痛切な愛惜の念。それこそが「喜劇・女は度胸」(1969年)以来、森崎が描き続けてきたものだろう。記憶のドラマが、森崎が追い求めてきた情念を、純粋な形で浮かび上がらせた。

「かぐや姫の物語」 人間の存在そのものに迫る作品

高畑勲監督「かぐや姫の物語」 (C)2013 畑事務所・GNDHDDTK

高畑の14年ぶりの新作は、その到達点ともいうべき傑作だった。

淡い色彩に柔らかい筆の線。画面の余白がその筆勢を引き立てる。そんな手描きの絵に強い感情がこもる。幼子に対するくもりのない愛情、成長に伴い芽生える欲望、自由への渇望と運命の過酷さ。誰もが知る「竹取物語」を題材に、人間の美しさと愚かさを描き出し、人生の意味を問う。

都に連れ出されたかぐや姫が十二単(ひとえ)を脱ぎ捨てて出奔するシーンの迫力はアニメ史に残るであろう。「アルプスの少女ハイジ」(1974年)に通じるモチーフだが、約40年を経て高畑は人間の存在そのものに迫る物語に昇華させた。その卓越した構想力と冷徹な世界観に脱帽した。

低予算と製作費50億円 対極にある2つの映画

2人の老監督の作品は経済的には対極の位置にある。森崎作品はかなりの低予算。一方の高畑作品は50億円という破格の製作費をかけた。人件費が重きを占めるアニメで8年の歳月をかけたためというが、それだけの時間が高畑の作家性を存分に引き出したといえるかもしれない。逆に森崎作品は低予算ゆえに今日の日本映画の様々な制約から逃れ得たといえるかもしれない。

ただ最も重要なことはこの2人が、映画市場の動向や日本経済の状況がどうあれ、そんなものにはびくともしない強じんな魂をもった作家であったということだ。世の風向きに左右されないゴツンとした核のようなもの。それが心に残ったのは、そんなものづくりをする人がどの世界でもめっきり減ったからに違いない。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
「そして父になる」 オリジナルで興行収入31億円のヒ
エンタメ!連載記事一覧