映画観賞、踊れ!叫べ! 客席が「活劇」の舞台にクラッカーやスマホで演出

観賞はお静かに――。そんな映画館の鉄則を覆すイベントが登場している。インド映画ではスクリーン上の主人公たちと共に踊って叫び、ホラー映画ではスマートフォン(スマホ)から恐怖の効果音が鳴り響く。客席が「活劇」の舞台と化す、新たな映画の楽しみ方を体験してみた。

歌って踊りながら映画「恋する輪廻」を鑑賞する楽しむ人たち(川崎市麻生区のイオンシネマ新百合ケ丘)
プロのベリーダンサーと教え子が場内を盛り上げる(川崎市麻生区のイオンシネマ新百合ケ丘)

関西の映画ファンが発案

俳優たちが集団で歌い踊る、インド映画の見せ場。「ヒュー!」。満席の劇場に、歓声とクラッカーのさく裂音が響く。火薬のにおいが立ちこめるなか、席から立ち上がって踊り出す観客たち。通路やスクリーンの前では、あでやかなダンサーが腰をくねらせる。

5日夜、川崎市の複合映画館で開かれた「KAWASAKIしんゆり映画祭」。インド映画「恋する輪廻(りんね)オーム・シャンティ・オーム」の劇場だけは異空間となった。にぎやかなインドの映画観賞にならったこのイベントは「マサラ上映」と呼ばれる。関西の映画ファンが発案し、昨年公開の「ロボット」など散発的に開催されてきた。

「恋する輪廻」を配給するアップリンク(東京・渋谷)は「一部のファン以外にもこの楽しみ方を広げたい」(担当の露無栄さん)と今春、渋谷の映画館で異例の毎週マサラ上映を敢行。話題を呼び大阪、兵庫、広島など各地に広がった。

品行方正な日本人のタガを外すのは簡単ではない。そこで招いたのがダンサーたちだ。彼女らの登場が踊りの合図。客席に分け入ってノリのいい客たちを促し、最後には30人以上が立ち上がった。29歳の女性会社員は「最初は恥ずかしかったけど、終わってみると踊り足りない」。

ベテラン客も盛り上げる。俳優たちがバドミントンでシャトルを打つと同時にクラッカーを鳴らすなど、見事な演出。ある女性客によると「どの場面で反応すればいいか、手製の指南書を配る人もいる」という。

MONO TRENDY連載記事一覧