日本勢が存在感 カンヌ国際映画祭15日開幕

第66回カンヌ国際映画祭が15日開幕する。最高賞パルムドールを競う長編コンペティション部門に是枝裕和「そして父になる」、三池崇史「藁の楯」と日本人監督の作品が2本も入ったほか、審査員にも日本人としては17年ぶりに河瀬直美監督が選ばれた。日本勢の存在感が大きな年となりそうだ。

長編コンペにはコーエン兄弟、ロマン・ポランスキー、スティーヴン・ソダーバーグらパルムドール受賞監督をはじめ、ジム・ジャームッシュ、アルノー・デプレシャン、フランソワ・オゾンらビッグネームがそろった。チャドのマハマト=サレ・ハルーン、米国のアレクサンダー・ペインら充実した中堅世代、イランのアスガー・ファルハディ、中国のジャ・ジャンクーら気鋭の新作も楽しみだ。

是枝は3度目、三池は2度目のコンペ入り。04年に「誰も知らない」で男優賞を獲得した是枝作品の受賞への期待は高まっている。短編コンペには佐々木想監督「隕石とインポテンツ」も選ばれた。

クラシック部門には小津安二郎のカラー作品「秋刀魚の味」が選ばれた。松竹と東京国立近代美術館フィルムセンターが共同で手がけたデジタル復元版だ。デジタル化が進むなか名画復元は盛んで、他にヒッチコック「めまい」など充実したプログラムとなった。

カンヌ映画祭 コンペ部門公式上映の日程(日時は現地時間)
15日 19:15・開会式
・バズ・ラーマン「華麗なるギャツビー」※
16日 19:30
22:00
・フランソワ・オゾン「Young & Beautiful」
・アマト・エスカランテ「Heli」
17日 19:00
22:30
・アスガー・ファルハディ「The Past」
・ジャ・ジャンクー「A Touch of Sin」
18日 19:00
22:00
・アルノー・デプレシャン「Jimmy P.」
・是枝裕和「そして父になる」
19日 19:00
22:00
・コーエン兄弟「Inside Llewyn Davis」
・アレックス・ファン・ヴァーメルダム「Borgman」
20日 16:00
22:30
・ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ「A Castle in Italy」
・三池崇史「藁の楯」
21日 19:00
22:00
・スティーブン・ソダーバーグ「Behind the Candelabra」
・パオロ・ソレンティーノ「The Great Beauty」
22日 16:00
22:30
・マハマト=サレ・ハルーン「Grigris」
・ニコラス・ウィンディング・レフン「Only God Forgives」
23日 19:00
22:00
・アレクサンダー・ペイン「Nebraska」
・アブドゥラティフ・ケシシュ「Blue is the Warmest Colour」
24日 19:30
22:30
・ジェームズ・グレイ「The Immigrant」
・アルノー・デ・パリエール「Michael Kohlhaas」
25日 19:00
22:00
・ロマン・ポランスキー「Venus in Fur」
・ジム・ジャームッシュ「Only Lovers Left Alive」
26日 19:00・閉会式
・ジェローム・サル「Zulu」※

(注)※はコンペ対象外


○コンペ部門審査委員長=スティーブン・スピルバーグ(米国の監督)

○コンペ部門審査員=ヴィディヤ・バラン(インドの女優)、河瀬直美(日本の監督)、ニコール・キッドマン(オーストラリアの女優)、リン・ラムジー(英国の監督)、ダニエル・オートゥイユ(フランスの男優)、アン・リー(台湾の監督)、クリスティアン・ムンジウ(ルーマニアの監督)、クリストフ・ヴァルツ(オーストリアの男優)

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧