ランキング

何でもランキング

ランニングを長続きさせる方法は… 何でもランキング 体も気分もランランと

2011/9/10

運動の秋、ランニングを始めようという人もいるのではないだろうか。しかし、やり方を間違えれば、苦行のように感じてやめてしまったり、足腰を痛めたりしかねない。どんな工夫をすればランニングを長く続けることができるのか、専門家におすすめの方法を選んでもらった。

1位は「シューズ・ウエアをそろえる」。特にシューズは「足を守るのも走りを向上させるのもシューズ次第」(安喰太郎さん)など、重視する声が多かった。ウエアは機能性に加えて「コーディネートを考えるのが楽しい。普段の洋服では着られないようなスタイル、カラーに挑戦できる」(池田美穂さん)という声もあった。

ほかに、やる気を向上させるのは2位の「日記」。「頑張った自分をかみしめられる」(増田明美さん)ため、成長の過程を実感できる。9位の「自分へのご褒美」は「汗をかいた後のビールを目的に走り始める人は少なくない。走った後に女子会をするグループも」(樋口幸也さん)。

4位の大会エントリーを含め、目標設定を重視する人も多かった。「70歳以上で日本のベスト100を狙う、なんて夢があっていい」(増田さん)。2位の仲間作りは「一緒に走る人がいればサボることが少ないし、会話しながら走るのは楽しい」(矢野由美子さん)、5位のコース探しは「気持ち良く走れるというのがポイント。景色の良い場所ならば長続きしやすい」(高瀬晋治さん)という指摘があった。

8位の「疲れたらウオーキング」、10位の「他人と比べずマイペース」と無理をしないことの大切さもランクインした。「始めの一歩は『大きな動作で歩く』。次の一歩は『走るスピードで歩く』『歩くスピードで走る』」は内山雅博さんのアドバイス。走っている時、心身の解放感を楽しめるようになれば、長続きする可能性が高い。


表の見方 選者に長続きする方法を順位付けしてもらい、点数化した。
調査の方法 ランニングに詳しい専門家11人に、ランニングを長続きさせる方法を順位付けしてもらった。選者は次のとおり(敬称略、五十音順)
安喰太郎(ランニングチーム「ハリアーズ」代表)▽池田美穂(アシックスランニングクラブコーチ、「RUN女子入門」著者)▽内山雅博(国立競技場トレーニングセンター「ゆっくりジョギング」インストラクター)▽斉藤太郎(NPO法人ニッポンランナーズヘッドコーチ)▽高瀬晋治(月刊「ランナーズ」副編集長)▽鍋倉賢治(筑波大大学院准教授)▽樋口幸也(「ランニングマガジン・クリール」編集長)▽前河洋一(国際武道大教授)▽牧野仁(Japanマラソンクラブ代表)▽増田明美(スポーツジャーナリスト)▽矢野由美子(アートスポーツ日比谷店店長)

ランキング 新着記事

ALL CHANNEL