世界最大の映画祭開幕 シンデレラ、ラーマン監督凱旋カンヌ映画祭リポート2013(1)

シンデレラボーイがカンヌ国際映画祭に戻ってきた。オーストラリアのバズ・ラーマン監督。レオナルド・ディカプリオを主演に迎え、3Dで撮った「華麗なるギャツビー」が15日夜、オープニング作品として上映されたのだ。1992年、カンヌに初参加。当時29歳の新人だったラーマンも、その後「ロミオ+ジュリエット」「ムーランルージュ」などの大作を手がけ、今や白髪の大監督。堂々たる凱旋だ。

世界最大の映画祭も今年で66回目。21年前、記者はその衝撃的なデビューを目の当たりにした。ある視点部門で上映された「ダンシング・ヒーロー」。4日目の深夜の上映だった。有名スターは誰一人出ていないオーストラリアの無名の新人監督の作品が一夜にして、カンヌ中の話題となったのだ。

無名のダンサーのサクセスストーリーという映画を地でいく事件だった。早朝から日本を含む各国のバイヤーが殺到。製作費約450万ドルの低予算映画が瞬く間に世界に売れた。配給権は高騰し、日本では当時米国映画以外では異例の全国同時公開となった。タイム誌は「カンヌ史上例のないシンデレラ」と書いた。

バズ・ラーマン監督「華麗なるギャツビー」のレオナルド・ディカプリオ(左)とキャリー・マリガン

今回上映された「華麗なるギャツビー」はラーマンらしい視覚的なスペクタクル性に満ちた作品だ。原作は言わずと知れたスコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」。その背景となる1920年代のニューヨークの文化と風俗をイメージ豊かに再現している。

水辺の大邸宅で夜ごと開かれる豪華なパーティー、そこに集う享楽的な若者たちのファッション、アールデコ調のインテリアや装身具。ギャツビーらが自動車を走らせる都市の景観は、機械を明るい未来の象徴として称揚するマシン・エイジの美学に貫かれている。

3Dを駆使した派手な映像は、いかにも作り物っぽい。まるでディズニーランドだ。しかし、その作り物らしさこそが20年代文化のエッセンスのような気がする。建築、デザイン、ファッション、音楽……。その渦中にいる若者の生き方も作り物めいているが、それが彼らにとっての切実さ、ひいては20世紀の人間にとっての切実さなのだ。

エンタメ!連載記事一覧