マネー研究所

20代から始めるバラ色老後のデザイン術

バラ色老後へ初めての投資 積立投信で実践しよう 20代から始める 誰でもできる資産運用入門(4)

2013/3/26

 今月は「20代から始める 誰でもできる資産運用入門」をテーマに、普通に暮らす3400万人の会社員が投資にチャレンジするために絶対に知っておきたい知識をお伝えしてきました。今週は3月のまとめとして、投資をするための心構えを踏まえ「具体的に投資を実行する方法」を考えてみます。

 どんな理屈も実践されなければ意味がない、というのが私の基本的な活動スタンスです。ここまで述べてきた心構えも実際の投資に生かされなければ意味がありません。そこで、毎日一生懸命働いている普通の会社員3400万人がちゃんと実行できる「普段着感覚の投資方法」を紹介します。

 本当はこのテーマだけで12回くらい使ってじっくり解説したいところですが、「バラ色老後」に必ず役立つ投資のエッセンスをぎゅっと濃縮したのが今月の4本のコラムです。読み終えたら、ぜひ皆さんができる範囲で投資をスタートさせてみてほしいと思います。

■普通の会社員3400万人向けの「普段着の投資法」

 失敗を抑えながら無理なく始められ、かつ続けられることが普通の会社員の投資では重要です。そこで考えてみた投資へのステップを箇条書きでまとめてみます。

【step1】証券口座を開設する
【step2】積み立ての投資信託を申し込む
【step3】投資信託を選ぶ
 ・運用方針はインデックス運用(パッシブ運用)のものを
 ・手数料はなるべく低いものを
 ・投資対象には株式を含める
  (日本株式、外国株式両方を含めるかは自分で考える)
【step4】毎月定額が給与振込の翌日に引き落とされるよう指定する
【step5】投資をスタートさせる
 (後はほったらかしでもいいが、年1回くらいチェックする)

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL