マネー研究所

20代から始めるバラ色老後のデザイン術

どちらを優先 自分の老後と子の学費を考える バラ色老後へ子育てとお金を考える(4)

2014/7/22

今月のテーマは「子育てとお金」について20代が考えておくべき基本的なお金のルールです。今回は「自分の老後準備」と「子どもの学費」はどちらを優先すべきか、です。

戦後すぐに生まれた団塊世代は、親の生活水準がまだ高くなかったうえ、自分たちは経済成長の影響で経済的な豊かさを一気に手にした世代です。その勢いで親に仕送りをして支えつつ、自分の子どもをしっかり育てることができました。

現在の20~40代の世代にとって「親も子も自分が面倒みる」はほぼ不可能です。幸い、親にはそれなりの資産や退職金、公的年金があるので、経済的に困窮することはあまりありません(特に会社員だった場合の公的年金は、夫婦で大卒初任給くらいの水準をもらえる)。

もし親に毎月5万~6万円も送っていたら、自分の生活は成り立たないし、子どもを育てることは難しいでしょう。公的年金の充実は、家庭内の仕送り負担を大きく軽減してくれました(その分、年金保険料負担が増えたのもやむを得ないのです)。

しかし、もうひとつのテーマが現役世代に残されています。「自分の老後の備え」です。「子どもの学費問題」と「自分の老後準備」を同時に考える、あるいは優先順位をつけることが重要課題です。

■老後準備、「子どもの学費負担終了後」ではうまくいかない

何度も指摘しているとおり「子どもの学費負担が終わってから自分の老後準備スタート」という順位付けではうまくいきません。

お金の問題は同時並行で考えるより、個別に検討するほうが対処しやすいのは事実です。「住宅購入の頭金をためる」「子どもの学費をためる」「自分の老後に備えて貯金する」と順番にこなしていけばシンプルに対応できます。しかし実際にそうはいきません。

晩婚化と出産年齢の高齢化で、子の学費負担が50代後半まで食い込むことが一般的になりました。例えば我が家では、私が62歳になるまで子どもの学費負担が発生します。62歳から老後の貯金をスタートしても、おそらく間に合わないでしょう(もしもう1人子どもが増えれば65歳まで伸びます)。

順番に対応するなら住宅頭金を30代にためて家を買い、40代に子どもの学費準備は終わらせて将来の負担に備え、50代以降は自分の老後の準備に専念しなければなりません。普通のイメージと比べて、かなりの前倒しが必要です。「結婚前」から家の頭金や子どもの学費をためてもいいくらいです。そうでなければ、子どもの学費と自分の老後資金は同時並行で準備するしかありません。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL