夫の小遣いアップで貯蓄家計に 逆張りの節約術家計再生コンサルタント 横山光昭

「いつまでも賃貸暮らしでなくマイホームを持ちたいし、子どもの進学にも備えなくちゃいけない。だからしっかり貯蓄したいのに、夫のお金の使い方で困っているんです!」。専業主婦のDさん(36)が相談に来ました。会社員のご主人(38)はDさんに相談もなくクレジットカードでほしいものを買い、支払いは家計回し。「小遣いが少ないんだもん」「頑張って働いているんだから、それくらいいいじゃないか」というのが決まり文句だそうです。家計管理を乱し、夫婦げんかの種にもなるご主人のカード払いを何とかやめさせたいので教育してほしい、というのがDさんの依頼でした。

Dさん夫婦は小学6年生の長男と小学3年生の長女がいる4人家族。貯蓄は150万円で、これからお子さんが私立に進学する可能性も考えると心もとない額です。ましてやマイホームとなるとそれなりの頭金がほしいところなので、Dさんが「しっかり貯蓄したい」という切実な気持ちは分かります。ところが現状は手取り収入36万円を使い切ってしまい、蓄えに回せるお金がないのです。「夫のカード払いの額によっては赤字になることもある」わけですから、何とか手を打たなければいけません。

Dさんと何度かやりとりするなかで、ご主人が「ちょっといい自転車がほしい。通勤にも使えるし」と言い出しているという話を聞きました。8万円する自転車だそうです。ただでさえ出費を抑えたいDさんにとっては認められない買い物ですが、私は逆にご主人のお金の使い方と家計体質を変えるチャンスだと思いました。「小遣いをアップしてあげましょう」とDさんに提案したのです。

小遣いを単純に増やすだけでは、家計はトントンどころか赤字になります。だからご主人には、そのぶん食費や水道光熱費などの支出を減らすにはどうしたらいいか知恵を絞り、節約を手伝ってもらうのです。こうしてご主人を家計管理に巻き込んでいくとともに、ほしいものがあってもカード払いは認めず、増えた小遣いの中から貯金するなどやりくりして買うルールにします。「肉を切らせて骨を断つ」といったところでしょうか。

Dさんは狙いを理解し、さっそくご主人に伝えました。小遣いは月8000円増の3万8000円とし、その月に支出を節約できた額が8000円に満たなければ減額やカットもあり得る、という条件です。ご主人はすぐにでも自転車を手にしたいところでしたが、小遣いが増えることに魅力を感じてOKしてくれました。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし