マネー研究所

マネー達人への道

ためたいなら、ATMのそばに住め 第4回 新社会人のマネー心得

2014/4/17

「さおだけ屋」で有名なマネーの達人、公認会計士・税理士の山田真哉さんに旬のマネートピックをあれこれ聞くこのコラム。今回のテーマは「新社会人のマネー心得」です。新社会人の皆さんは来週、初めての給料日を迎えるという人が多いでしょう。たまる体質になるには、最初が肝心。山田さんにそのノウハウを伝授してもらいました。もちろん、新社会人ではない人にとっても、ヒントが満載です。

――山田さんが「たまる体質」になったのはいつからなんでしょうか。

「社会人になったときに貯蓄専用の銀行口座を作って、その口座には毎月給料日に一定額を振り込む以外、一切、さわらないようにしました。たまったお金は家を買ったときに頭金にしたので、いったんゼロになりましたが、そういう大きな買い物に備えたお金になります。今でも決まったお金を毎月入金する口座があって、山田真哉名義だけで5口座はあります」

■通帳の数だけ未来広がる

――5口座ですか。口座数が多いのとたまる体質と関係あるんですか。

「通帳の数があればあるほど未来が広がります。最低でも生活費用口座と貯蓄用口座は分けて持ち、貯蓄用口座からは一切、引き出さない、何ならその口座のキャッシュカードを折る、ぐらいの覚悟で臨むべきです」

――そういえば、会社の同僚で「真剣に貯蓄する!」と宣言してキャッシュカードをハサミで切った人がいたのを思い出しました。

「実際は印鑑と通帳があれば窓口で引き出せますが、その手間が防御壁になりますからね。僕は記帳して、通帳の残高の数字が増えていくのを見るのが大好きです」

――まさにたまる体質ですね! 先ほどからよく通帳の話が出ますが、普段から通帳を持ち歩いているんですか。

「当然です。僕はしょっちゅう記帳します。しばらく記帳しないでいると、入金と出金が合算されて印字されるでしょう。あれが嫌なんです。税理士をしていると、お客さんの自営業者の中にもほとんど記帳にいかない人がいるんですよ。それだと税金の申告ができないから困るんです。銀行に明細を出してもらうにも1週間ぐらいかかるし……」

■通帳が家計簿代わりに

――私もほとんど記帳しません。たまらないのはそのせいか……。

「住む場所を選ぶときにコンビニエンスストアのそばがいいとか、レンタルビデオ店のそばに住みたいとか、いろいろあると思いますが、お金がたまる人になりたいならATMのそばに住めと僕はいいたいです」

――そ、そんなに記帳は大事ですか。

「大事です。僕は記録を残すのが好きなので、通帳を家計簿や日記代わりに使っています。これは何のために引き出したお金か、などを通帳に鉛筆で書き込んでいます。ネット銀行にも口座があるので、明細をマメにプリントアウトしています。家と最寄り駅の間とか、勤務先のすぐそばにあるATMの銀行で口座を作れば、面倒がらずに記帳できますよ」

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL