2013/1/14

もうかる家計のつくり方

Kさんご一家も、支出の中身を聞いてみると個々の支出は小さく、金額の安いものが中心です。食料品もきっと底値に近いような価格で買っているのでしょう。しかし、「最初は食べていたけど、そのうち誰も食べなくなった佃煮」「100円ショップで買って使っていたけど、すぐ壊れてしまったかご」などが「消費」として分類されていたのです。こう考えてみると、初めは消費のつもりで購入していても、消費とは言いがたいものが多いことに気が付きます。

また、家族での娯楽もリフレッシュという名目で「投資」に分類して出費する傾向がありました。しかし、これも回を重ねすぎるとリフレッシュではなく単なる娯楽です。

このようにモノサシの意味を少し取り違えていることが分かったのです。Kさんは個々の買い物が無駄なものなのか、生活に必要なものなのかを意識していましたし、努力もしていたと思います。しかし、安いものをたくさん目にすると「買ったほうがお得」という魅力に負け、本当は消費かどうか分からないまま「使うはず」「食べるはず」と消費に分類してしまっているためにうまくいかなかったのです。

私たちはついつい価格(金額)に目が行きがちです。安ければお得感が先に立ち、冷静に考えればあまり必要ではないものも頭の中で肯定して手に入れようという思考が働く傾向があります。いつもより安く買えるときに買うことは節約の一つの手段としてよいことだと思いますが、「安い」ということだけに目が行き過ぎるのは考えものです。価格が安いからいい、高いからダメという判断は大事な本質を見えなくしているように思います。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし