マネー研究所

もうかる家計のつくり方

家計管理、やる気のブレ無くし黒字転換へ 家計再生コンサルタント 横山光昭

2012/9/10

Wさんご夫婦と一緒に支出が大きく変動する原因を考えました。すると、家計管理に対するモチベーション(動機付け、やる気)が家計に大きく関係することを自覚されています。ならば、どうモチベーションの波を減らして均等化させるかがカギとなります。モチベーションが下がるとき、上がるときはそれぞれどんなタイミングか。これまでの経験から何が影響しているのかを聞きました。すると、モチベーションが上がるときは「(お金で)ピンチを感じたとき」というのです。確かにそれも1つですが、お金をためる気になるために、ピンチを感じようとするのは本末転倒です。

ほかの要因を聞くと、「お金を使って良い思いができたとき」「マネー系の雑誌や書籍、ネットで関連記事を読んだとき」「お金の話を夫婦でしたとき」「ママ友の家庭が子どもや住宅購入のために、たくさん貯金をしている話を聞いたとき」といったことを挙げてくれました。こういったことは、Wさんご夫婦に限ってのことではありません。多くの方にとって、モチベーションを良い状況にすることが多いものです。

逆にモチベーションが下がって財布のひもを緩めてしまうときは、未婚の友達やバリバリ働いている友達がすてきなブランド品や服を購入したのを見たり、高級なお店で食事をしていることを知りうらやましく感じたとき――と挙げてくれました。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL