旅行・レジャー

耳寄りな話題

ちまきvsかしわ餅 端午の節句の定番、東西差の謎

2013/5/4

5月5日の端午の節句にはちまきを食べようか、それともかしわ餅か…。大阪出身の記者が楽しそうに考えていると、東京の友人が「えっ、ちまきを食べるの」と意外な表情を見せた。確かに両方を味わう関西に比べて、関東ではかしわ餅が圧倒的に優勢なようだ。「西はちまき、東はかしわ餅」が定番なのか。ルーツを探った。
室町時代創業という川端道喜の「水仙ちまき」

まず、約500年前に創業したという京都市の和菓子店「川端道喜」を訪ねた。名物の「水仙ちまき」を注文し、ササの葉をむくと真っ白な葛菓子が顔を出した。弾力があってさわやかな味わいだ。

節句を控え、注文が殺到しているという。店主の川端知嘉子さんは「大口の顧客は茶道の家元やお寺で、茶会やお寺の行事などでよく利用されています」とのことだった。

◇            ◇

続いて老舗和菓子店「とらや」京都一条店に入った。4月下旬の店頭に並んでいたのはかしわ餅で、ちまきは5月から販売するという。広報担当者は「ちまきをきれいに巻くのに6、7年の訓練が必要なんです」と教えてくれた。

食べ物としてどちらが古いのだろうか。国学院大学で民俗学の講師を務める服部比呂美さんに聞いた。「ちまきは奈良から平安時代、中国から伝来し、都があった近畿で広まりました。かしわ餅が普及したのは江戸時代のようです」

中国の春秋戦国時代に存在した楚の国にちまきのルーツがある。詩人、屈原が5月5日に国の将来を心配して入水自殺し、あわれんだ人々が水中に投じた供え物が起源とされ、命日にちまきを食べる習慣ができた。そもそも5月5日を端午と呼ぶ風習も中国が発祥という。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL