「たこ焼き」の前身は「ラヂオ焼き」

ゆでると日持ちするため、普段は海の魚を食べられない山間部や盆地にも運べた。こうして様々な地域で食卓に定着し、夏の魚介類として親しまれるようになったようだ。

1930年代になると、漁業技術の発達などにより、大阪湾での水揚げ量が増え、値段が下がった。笹井さんは「味はもちろん、足も頭もほぼ丸ごと食べられる点も無駄を嫌う関西人の気性にあったのでは」と話す。

全国区の名物となったたこ焼きの誕生は流通量が増えた時期と重なる。元祖を名乗る、会津屋(大阪市)の遠藤勝社長によると、初代の遠藤留吉氏が考案したのは33年(昭和8年)だ。

それまではコンニャクや牛すじ煮を生地に入れた「ラヂオ焼き」という名前だった。タコを加えたきっかけは「明石では入れてるで」という客の一言だったという。

遠藤社長は「もともと安価な食材を入れる料理。当時はタコも手ごろな値段だったので試してみたのでは」と推測する。独特の食感ととろりとした生地の相性は抜群で瞬く間にヒットした。関西のあちこちにたこ焼き店ができ、タコはより身近な存在になった。

国内のタコの半分以上は輸入品

国内流通のタコの半分以上は輸入品だ。近年は資源保護を狙った禁漁の影響で漁獲量が少なく、価格も高い。国内消費量は減少傾向が続いている。

ただ、大阪市内のたこ料理専門店「たこ茶屋」では「年に3~4回は来る常連さんが多い」(オーナーの箱部聡さん)。長年、タコを身近な存在としてきた関西では、タコ食文化はなお健在のようだ。

(大阪経済部 山田和馬)

[日本経済新聞大阪夕刊いまドキ関西2013年5月29日付]

注目記事