旅行・レジャー

耳寄りな話題

国際便ないのに「大阪国際空港」のなぜ

2011/6/16

来年度に関西国際空港との経営統合を予定する伊丹空港には「大阪国際空港」という正式名称がある。1994年開港の関空に国際便が移った後も、「国際」の名を残している。違和感があるが、かつて西日本と海外をつなぐ表玄関だった名残にもみえる。どのような事情があるのだろうか。

ターミナルビルには「国際」の表記がある

実際に足を運んでみた。阪急宝塚線の蛍池駅からモノレールに乗り換え、3分で隣の大阪空港駅に到着した。駅名には国際の文字がない。ただ、目の前のターミナルビルの外壁に大きく「大阪国際空港」の文字が見える。

ビルに入って滑走路を一望できる展望デッキに立った。こちらの屋上には「OSAKA INTERNATIONAL AIRPORT」の英字表記があった。

伊丹空港の場合、管理する国が名称を決める。空港の管理に関係する事項を定めた空港法。その施行令に大阪国際空港の名称が明記されている。「実際は国内便ばかりなので、違和感があると言われれば、おっしゃる通りです」。国土交通省大阪空港事務所の重野泰樹次長は苦笑する。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL