旅行・レジャー

耳寄りな話題

関西のぜんざい、関東ではおしるこ 呼び方なぜ違う

2013/11/17

■「善哉」「神在」、語源に諸説

そもそも、ぜんざい・おしるこの語源は何なのか。おしるこは「お汁粉」と表記することから、見た感じでネーミングしたと想像できる。ただ、ぜんざいは善哉で、ピンとこない。そこで、ぜんざい発祥の地として街おこしに取り組む島根県出雲市に足を運んだ。

出雲ぜんざい学会事務局の古島尚さんによると、ぜんざいの語源は「神在(じんざい)餅」という。出雲地方では旧暦10月に全国から神が集まるという神在祭(かみありさい)があり、振る舞われたのが神在餅だった。「じんざい」が出雲弁でなまり「ぜんざい」となって京都に伝わったというのだ。

神在餅説は江戸時代の朱子学者、林羅山が著した「梅村載筆」などいくつかの文献に書かれており有力視されている。出雲地方では実際、ぜんざいの人気が高い。古島さん自身、こしあんの汁で作るおしるこは「ほとんど口にしたことがない」と話す。

とんちで有名な室町時代の禅僧、一休宗純を名付けの親とする説もある。一休が餅入りの小豆汁を食べ、おいしさに感動して「善哉(よきかな)」とつぶやいたというのだ。室町時代に書かれた文献にも「小豆汁に餅を入れて善哉として食べた」という意味の記述があり、遅くとも室町時代には京都でぜんざいが食べられていたようだ。

ここで新たな謎があることに気がついた。沖縄で夏の風物詩として親しまれている「ぜんざい」の存在だ。甘く煮た金時豆を汁と一緒に冷やして器に盛り、白玉とかき氷を載せるのが一般的だ。

ところ変われば、大きく変わるぜんざい。その土地の人々が「よきかな」と思う味に進化していったのかもしれない。100年後を想像しながら味わうのも一興だ。

(大阪経済部 越川智瑛)

[日本経済新聞大阪夕刊関西View2013年11月12日付]

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL