旅行・レジャー

耳寄りな話題

「太陽の塔」はなぜ残った 大阪万博の謎

2011/7/7

1970年3月から9月まで開かれ、6421万人を集めた日本万国博覧会(大阪万博)。会場跡の万博記念公園(大阪府吹田市)には、万博のシンボルだった「太陽の塔」がそびえ立つ。芸術家の岡本太郎が制作したこの巨大な作品を見ながら、ふと疑問に思った。「月の石」で話題になったアメリカ館をはじめ、当時116あった出展施設(パビリオン)はほとんど残っていないのに、太陽の塔はなぜ生き延びたのか。

今も万博記念公園に残る太陽の塔。左手前は万博当時各国・地域の旗を掲げたポール

万博公園を運営する独立行政法人日本万国博覧会記念機構(万博機構)を訪ねた。「パビリオンは、出展者が閉幕後6カ月以内に取り壊すことを条件に建設しました」と平田清営業推進課長は解説する。

実際、当時の記録をひもといてみると、会期中に来場者の目を奪った印象的な建物が次々と消えていく様子が伝わってくる。

閉幕から数日後には、スカンジナビア館を皮切りに撤去・移築工事が始まる。続いてUFO(日立グループ館)、光の木(スイス館)、七重の塔(古河パビリオン)、恐竜(オーストラリア館)、竹(サントリー館)……。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL