旅行・レジャー

耳寄りな話題

日本一短い商店街は? 関西で2つが名乗り

2013/3/9

日本一長い商店街といえば大阪が誇る全長2.6キロの天神橋筋商店街。では、日本一短い商店街は? 知る人ぞ知るのが、同じ大阪の肥後橋商店街。一方、京都府京丹後市の御旅(おたび)市場もまた「日本一短い」として名乗りを上げている。2つの商店街を訪れた。
全長79メートルの肥後橋商店街。向こう側のビルまで見えるアーケードは、来年にも見納めに…(大阪市西区)

大阪市西区の地下鉄肥後橋駅のすぐ近く、高層ビルの谷間に肥後橋商店街はたたずんでいた。アーケードの端に「日本一短い商店街」との看板。歩くこと1分足らず、ほどなく反対側の端に着いた。商店街といえば何百メートルもあるのが当たり前。確かに短い。

「長さ79メートルです」。商店街振興組合の理事長、萩原雄二さんが教えてくれた。2006年、お客さんに「日本一短いはず」と言われたのがきっかけで、商店街活性化のため宣伝文句に使い始めた。「全国の商店街を全部確かめたわけやないけど、今のとこクレームは無いんやからええやろ」と萩原さん。

◇            ◇

次に京丹後市へ。北近畿タンゴ鉄道の峰山駅からタクシーで数分、御旅市場に着いた。一目見て短いと分かるアーケードだが、大半の店舗が閉店しているのが大きな違い。典型的なシャッター商店街だ。

峰山御旅商店会の会長、中川芳隆さんに聞いた。「アーケードの長さは52メートル。日本一短いのでは」。勝負あったか、と思ったが1つ気になることが。中川さんが経営する中川印刷はアーケードを出て、数十メートル歩いた場所にある。

実は御旅市場はアーケードの部分と、それに続く通りも含めた商店街のことであり、両方で長さは100メートルほどという。なるほど、中川さんがくれたチラシには「日本一短いアーケード街」とある。2つの「日本一短い」が併存する理由が分かった。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL