「400歳の街」なぜニュータウンの真ん中に 大阪・千里

大阪府の吹田市と豊中市にまたがる日本初の大規模ニュータウン「千里ニュータウン」の街開きから今秋で50年。高層団地や道路が計画的に配置され、整然とした街並みのど真ん中に開発されずに残った豊中市上新田地区がある。いったい、どんな経緯があったのだろう。
瓦ぶきの屋根と鎮守の森の先に、千里中央駅の高層ビルが見える(大阪府豊中市)

ニュータウンの中心、北大阪急行の千里中央駅から南へ約5分歩くと上新田天神社の鎮守の森だ。辺りには家紋入りの瓦ぶきの屋根と白壁の住宅。周囲を団地群に囲まれた上新田1~4丁目の約100ヘクタールは開発の「除外地」と呼ばれる。

◇            ◇

千里ニュータウンは広さ1160ヘクタール、住居数約4万戸、人口約9万人。1958年の計画決定で「1320ヘクタールの土地買収」とし、上新田も含まれていた。

買収地の大半は森林や田畑だったが、府によると上新田地区には当時、約1000人が居住。7割が農家で、古文書「新田由来記」によると、17世紀前半に新田の開発が始まった。400年前のニュータウンなのだ。1873年開校の新田小学校の旧校舎(1900年建築)は当時では珍しい純和風の建築で府の指定文化財だ。

1900年に建てられた新田小学校の旧校舎は純和風の建築(大阪府豊中市)

ニュータウンの用地買収は難航した。「60年安保」の時代で、農業者は労働組合と手を結ぶ「労農提携」で対抗。府は「府民の住宅確保」の錦の御旗を掲げた。府職員として開発を担った片寄俊秀・大阪人間科学大学教授は「街開きの式典の周りで『土地取り上げ反対』のむしろ旗が翻っていた」と振り返る。

上新田でも反対の声が上がり、府は1960年5月、専門家会合で、同地区のニュータウン開発を断念。7月には用地買収対象を「既存集落周辺を除いた1155ヘクタール」に縮小、同地区を「除外地」とした。府の試算では住宅は当時、18万戸不足し、待ったなし。片寄教授は「府にとってニュータウン開業は最優先課題。人が生活する上新田を無理に開発するのは時間がかかりすぎ、困難だった」と話す。

注目記事
今こそ始める学び特集