旅行・レジャー

耳寄りな話題

「天空の城」竹田城、山上の大石垣は何のため? 生野銀山守る秀吉の「金庫番」か

2014/4/20

険しい山の頂に戦国時代の壮大な石垣が残る竹田城(兵庫県朝来市)。雲の上に石垣が浮かぶ幻想的な雰囲気から「天空の城」とも呼ばれ人気を集めている。現地を訪れると素朴な疑問が湧いてきた。険しい山に大がかりな石垣を築いた理由とは――。歴史好きを自称する記者が背景を探った。
今の竹田城は「天空の城」として人気だ(兵庫県朝来市)

麓から急勾配の道を歩くこと40分ほど。古城山(標高353.7メートル)の頂に近づくと、不ぞろいな巨石が高く積まれた構造物が目の前に広がる。山頂付近は平たく造成されており、石垣群は南北400メートル、東西100メートルに及ぶ。石垣の前で42歳の女性観光客が感嘆の声をあげていた。

「工学部もない時代にこれほど高度な技術があったなんて不思議だわ」

◇            ◇

朝来市埋蔵文化財センターの田畑基館長によると、竹田城の石垣が現在の姿に整備されたのは戦国時代末期の1590年代中ごろ。当時は石垣の上にやぐらや天守といった建築物もあったらしい。「これほどの石垣を持つ山城は全国的にもまれです」

どのようにして造られたのか。「坂の勾配がきついので麓から石を運ぶのは難しい。山の至る所にある石取り場から滑車などを使って人力で引っ張り上げたと想像されます」(田畑館長)。多くの人手も要したのだろう。田畑館長が興味深いエピソードを教えてくれた。

「農民がことごとく築城にかり出されたため、田に松が生えてしまったという逸話が残っています」

地元住民によると、竹田の街で盛んな家具産業は築城資金を捻出するために始まったとの説があるという。後世に伝説を残すほど大規模な築城工事を指揮したのは一体誰なのか。

地元の観光案内所が配布する資料には「1585年、赤松広秀が竹田城主になる」との記載がある。放映中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」にも登場する若き戦国武将だ。領地の大きさを示す石高は約2万2千石と当時の徳川家康の100分の1以下。日本屈指の山城の主にしてはいささか物足りない。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL