平城宮に甦った“日本庭園の原型”東院庭園(奈良市) 古きを歩けば特別編・庭を巡る(1)

奈良市の平城宮跡の南東隅に、8世紀(奈良時代)の庭園が復元されている。自然の風景をモチーフとする日本庭園の原型とされる国特別名勝、東院庭園だ。

平城宮跡の南東隅にある東院庭園。8世紀後半の改修で池の形が複雑化し、完成度を増した姿が復元された

中心にあるのは、小石を敷き詰めた浅い池。底から岸まで緩やかに立ち上がる州浜が、岸を巡る。平面形は複雑なカーブが連続し、岬の先端には景石が置かれている。石組みの流路「曲水」の辺に立つと、ここで供宴や儀式に興じた古代の貴人らの姿がしのばれる。

池底から岸までなだらかに立ち上がる州浜が、複雑なカーブを描いて連続するデザインは、飛鳥時代の庭園とは一線を画している

復元の際には遺構を保護するため、10~40センチの厚さで石や土を盛って当時の姿を再現したという。ただし景石や、池の北端にある人工の山「築山」は、表面を合成樹脂で強化した実物が露出展示してある。

水面に張り出す露台を備えた檜皮葺(ひわだぶき)建築をはじめ池辺の施設群は、法隆寺にあった堂宇などをもとに復元。庭園に茂るアカマツやウメなどの植栽は、池底の堆積土から採取した花粉や種の分析結果や、万葉集といった文献の描写から推定復元された。

次のページ
遷都で庭園デザイン一変
エンタメ!連載記事一覧