10人の子育て 大阪の助産師ママ、「細腕奮闘記」

大阪市阿倍野区に10人の子どもを育てながら、自宅で助産院を営む女性がいます。小林寿子(ひさこ)さん(40)。助産師として総合病院などでお産の現場に立ち会い、会社員の夫(43)と結婚後に5人の年子を出産。まもなく地域の新生児訪問や妊婦教室の講師の仕事を再開し、2007年に助産院を開業して独立する傍ら、さらに5人の子に恵まれました。今年3月に10番目の子となる6女を出産したばかりの小林さんに、少子化時代に大家族を夫妻で築き、自身もキャリアを重ねてきた歩みと、仕事と育児を両立させるためのヒントを聞いてみました。(大阪社会部 松浦奈美)
10人目の女の子を出産した助産師の小林寿子さん(大阪市阿倍野区)

――(記者も)3年前に娘を出産し、仕事と育児に追われる毎日です。友人も子どもは1人、多くても2人で、10人出産するお母さんは珍しいですね。

「子どもが好きという気持ちがすべてです。上の5人を立て続けに産んだ後、やっぱり、まだほしいと思い、3年後に6人目を産みました。『それなら下の子チームも作ってあげよう』と、さらに産みました。深く考えると10人なんて産めません(笑)。何とかなるだろう、と前向きな性格なんだと思います」

――経済的な事情から、たくさん子どもを産めないという人もいます。

「正直、生活はしんどいです。育てるのに生涯でいくらかかるかなんて考え始めたら、怖くて1人も産めないですよ。思春期になると、塾や習い事にお金がかかりますし、食費もかさんで大変です。電気やガスが止まらず、お米さえあればいいよね、というくらいの気持ちで構えています」

「何でも買ってもらえる一人っ子もいます。でも、我が家では『パパやママが汗水たらして頑張って働いてるから、ごはんが食べられるんやで』ということを見せながら育てられれば、それでいいのだと考えています」

――家事や子育てはさぞかし重労働でしょうね。

「洗濯機は1日に3回まわします。夕食でカレーを作るとなると、米は10合(約1升)、肉は2キロ、タマネギは5個など大量の材料が必要になります。炊飯器は1食で2回使います。授業参観や運動会など、親の出席が必要な学校行事もたくさんあります」

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら