末っ子の暖乃(のの)ちゃんをかわいがるお姉ちゃんたち(大阪市阿倍野区)

――「完璧なママはいない」「ママも子もみんな違っていいやん!」と説き、子育てに悩む母親から人気を得ていらっしゃいますね。

「助産院には母乳ケアのためにお母さんたちが訪れますが、私としゃべってストレスを発散したいという人が多いです。わざわざ遠方から来られて、泣きながら思いを話して、帰って行くという人も大勢います。大切な我が子のために一喜一憂し、氾濫する子育て情報に混乱するママは少なくありません」

「神様みたいにいつもニコニコしているお母さんなんていない。母親も人間です。私も感情にまかせて怒ることもあります。そんなときは、子どもに向き合ってきちんと謝ればいいんです。もっと自由に、気楽に子育てをすればいいよ。完璧な子育てなんてないよ、ということを実体験を通じて伝えていきたいです」

小林寿子(こばやしひさこ)助産師 1974年、大阪府生まれ。総合病院、産婦人科クリニック勤務を経て、2007年、大阪市内の自宅で「助産院ばぶばぶ」をオープン。母乳育児支援のほか、セミナーなどを開催。著書に「みんな違っていいやん!」「9人産んじゃいました」。
 4男6女は高校生から新生児まで。昇太(しょうた)君(15)、寿鈴(すず)さん(14)、萌桃(もも)さん(13)、奏太(かなた)君(11)、実瞳(みみ)ちゃん(10)、来瑚(ここ)ちゃん(6)、七花(なな)ちゃん(5)、凛太(りんた)君(4)、楓太(ふうた)君(1)、暖乃(のの)ちゃん(0)。