甍の波間に浮かぶタマネギ古きを歩けば(52) 生神女福音大聖堂(京都市)

大小30のイコン(聖像画)で埋め尽くされた聖障。手前に立つ凱旋旗など多くの聖器物と共にロシアで制作され、日本にもたらされたという(京都市中京区)

京都御所の南、閑静な住宅地に広がる甍(いらか)のはざまに、タマネギ形のドーム屋根を載せた塔がたたずんでいる。この京都ハリストス正教会・生神女(しょうしんじょ)福音大聖堂は1901年(明治34年)の建造。現存する正教会の木造聖堂のうち、ビザンチン様式の本格的なものとしては国内最古という。

大小30のイコンで埋められた「聖障」

聖堂は改変を受けておらず、建築された112年前の姿をほぼとどめている

正教会ではキリストをギリシャ語読みしてハリストス、聖母マリアを生神女と呼ぶ。長司祭の及川信さんに聖堂内を案内してもらった。玄関を入ると、順に礼拝や儀式の間「啓蒙所」「聖所」、聖職者らのみが立ち入れる間「至聖所」の3部屋が一列に並んでいる。ステンドグラスから色鮮やかな光が差し込む。「窓のガラスや扉なども含め、建物のほとんどが建築当時のままです」。及川さんはこう話す。

聖所と至聖所を隔てる壁、聖障(せいしょう、イコノスタス)は大小30のイコン(聖像画)で埋め尽くされている。描かれているのは「最後の晩餐(ばんさん)」「生神女福音(受胎告知)」といった聖書の一場面や、聖ニコライをはじめとする聖人、天使らだ。聖障の前に立つ「凱旋旗」や天井からつり下がっているシャンデリア、室内の燭台(しょくだい)など、見事な細工を施した様々な聖器物も堂内を飾る。「聖障をはじめ、多くが建設時にロシアで制作され、日本にもたらされたものです」と及川さんが説明してくれた。

エンタメ!連載記事一覧