WOMAN SMART

朝・夕刊の「W」

二兎は追える 社会の支援、成長を左右 Wの未来 世界を動かす(5)

2013/5/13

中国で若者が急激に減っている。全人口に占める0~14歳の年少者の比率は昨年、16.5%と10年前から6ポイント減った。人口を意図的に抑える「一人っ子政策」が引き金だが、子どもがいない家庭も増え、政府や親世代は危機感を強め始めた。その矛先は結婚・出産よりキャリア形成を目指す女性に向かっている。

「オランダは日本の手本」と紹介したIMFのラガルド専務理事

「ママ、私の新しい彼。大学の修士課程に通っていて家柄もいいのよ」。4月の連休に江蘇省の実家に帰省した劉愛平(仮名、28)は笑顔で紹介した。

偽りの彼を紹介

しかし本当の彼氏ではない。この日、高速鉄道に乗る直前に駅で初めて会った「レンタル彼氏」だ。

「出租(レンタル)男友はいかが」。中国では大型連休前に通販サイトにこんな言葉が並ぶ。遼寧省大連市のあるレンタル彼氏は基本料金1日300元(約4770円)にオプションでパーティー出席50元など細かく設定。仕事や研究に忙殺され、結婚は後回しのキャリア女性は結婚間近と装い、親の圧力を当面和らげようとする。

なぜそこまで……。中国では27歳を過ぎた女性について「剰女(余った女性)」との呼び方もあるという。政府直轄の中華全国婦女連合会はウェブサイトに「学歴で競争力を高めようとする女性は博士号取得時には年を取り価値が下がる。黄ばんだ真珠のように」と論文を掲載した。独身のキャリア女性にとって、レンタル彼氏はゆがんだ価値観への抵抗という面もある。

もちろん、働く女性が増えると子どもが減るという単純な話ではない。スウェーデンやフランスは女性の労働参加率が高い上に、女性1人当たりの子どもの数も多い。では日本の課題は何か。国際通貨基金(IMF)は昨年、女性が活躍しにくい先進国として日本を取り上げ「政策が重要なのは明らかだ」と指摘した。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL